[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】女子マラソン、前回女王が突如草むらへ…姿を消して海外記者「腹部の問題で途中棄権」

オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われた。前回大会女王ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)は、18キロ過ぎのレース途中に突如草むら姿を消して途中棄権。海外記者は「トイレ休憩をとったのか?」と反応した。

世界陸上、女子マラソンに出場したルース・チェプンゲティッチ【写真:ロイター】
世界陸上、女子マラソンに出場したルース・チェプンゲティッチ【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われた。前回大会女王ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)は、18キロ過ぎのレース途中に突如草むら姿を消して途中棄権。海外記者は「トイレ休憩をとったのか?」と反応した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 前回女王がアクシデントに見舞われた。先頭集団にいたチェプンゲティッチ。18キロ地点を59分22秒で通過したが、苦しそうな表情でコースの端に寄り始めた。すると、徐々に減速。走るのをやめ、コース脇の草むらへと消えていった。スタートから1時間10分時点ではコース脇でうずくまり、ケニアチーム関係者に寄り添われる映像が中継された。

 結果は途中棄権。前回女王のアクシデントに、海外記者はツイッターで反応した。ケニアのメディアグループ「ネイション・メディア・グループ」のウガンダ人ジャーナリストのロバート・マドイ氏は、「ルース・チェプンゲティッチがトイレ休憩をとったのか? もしくは棄権か? エチオピア選手たちの加速で先頭集団が切り捨てられた」と困惑気味につづった。

 ケニアのスポーツジャーナリストのバーナード・ヌドング氏は、「腹部の問題で途中棄権。彼女の同僚、アンジェラ・タヌイとジュディス・ジェプトゥムがケニアの希望を背負う」と速報した。世界陸連(WA)も公式ツイッターで「ルース・チェプンゲティッチが18キロで腹部の問題で途中棄権」と発表した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集