[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子100m選手、スタッフとあわや衝突事故 レース直後の“神馬跳び”が話題「爆笑だ」【世界陸上】

16日(日本時間17日)に行われたオレゴン世界陸上男子100メートル決勝で、フィニッシュ直後に選手とスタッフがあわや激突するシーンがあった。銀メダルのマービン・ブレーシー(米国)が、男性を馬跳びで回避。“神シーン”の画像付きで「誰か彼にごめんと伝えて」と振り返ると、「君は悪くない」「爆笑」と海外ファンの話題を集めている。

男子100メートルで銀メダルを獲得したマービン・ブレーシー【写真:ロイター】
男子100メートルで銀メダルを獲得したマービン・ブレーシー【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 16日(日本時間17日)に行われたオレゴン世界陸上男子100メートル決勝で、フィニッシュ直後に選手とスタッフがあわや激突するシーンがあった。銀メダルのマービン・ブレーシー(米国)が、男性を馬跳びで回避。“神シーン”の画像付きで「誰か彼にごめんと伝えて」と振り返ると、「君は悪くない」「爆笑」と海外ファンの話題を集めている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 猛スピードで駆け抜けた直後だった。ブレーシーは9秒88(向かい風0.1メートル)の2位。フィニッシュ直後、まだ勢いが収まりきらないところにスタッフがいた。衝突か。しかし次の瞬間、ブレーシーは両脚を開き、男性の背中に手をついた。華麗な馬跳びで回避。事故を免れた。

 決定的瞬間の画像をファンがツイッターに投稿。これを引用リツイートしたブレーシーは、文面に「誰か彼にごめんと伝えて」と泣き笑いの絵文字を3つ添え、事もなげにジョークを交じえたように反応した。

 怪我の恐れもあるシーンだが、海外ファンからは「何しようとしたんだ?」「(笑)おめでとうマービン」「君は悪いことしてないよ」「ハードルに出場しないと」「爆笑よ」「110メートル障害に出る将来が見える(笑)」と驚きの声などが上がった。

 このレースでは、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒06の7位。日本人初の決勝進出の快挙を達成した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集