[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子マラソン松田瑞生、世陸日本最速2時間23分49秒で9位 一山&新谷のコロナ陽性、唯一の出場で奮闘

 オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われた。27歳の松田瑞生(ダイハツ)が2時間23分49秒で9位。一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)が新型コロナウイルス陽性で欠場し、日本勢唯一の出場となった中で奮闘した。優勝は2時間18分11秒のゴティトム・ゲブレスラセ(エチオピア)。

世界陸上、女子マラソンに出場した松田瑞生【写真:ロイター】
世界陸上、女子マラソンに出場した松田瑞生【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われた。27歳の松田瑞生(ダイハツ)が2時間23分49秒で9位。一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)が新型コロナウイルス陽性で欠場し、日本勢唯一の出場となった中で奮闘した。優勝は2時間18分11秒のゴティトム・ゲブレスラセ(エチオピア)。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 たった一人の日本代表として戦い抜いた。午前6時15分、朝日が昇ったオレゴンのスタートライン。松田は号砲から勢いよく飛び出した。しかし、3キロ時点で先頭集団から13秒差の9分57秒。早くも引き離され、5キロ地点は自己ベスト時より15秒遅れる16分43秒だった。第2集団からも遅れ、先頭から1分37秒差の1時間10分38秒の13番手で折り返し。35キロ地点を1時間58分39秒の10番手で駆け抜け、最後まで走り抜いた。

 日本選手団では男子マラソン代表の鈴木健吾(富士通)、一山の夫婦が16日(同17日)に陽性と発表され、ともに欠場。17日(同18日)に新谷も陽性とされ、隔離に入った。日本選手団では3選手を含め、山崎一彦監督など指導者ら計11人が陽性となっていた。

 松田は20年大阪国際女子で2時間21分47秒の日本歴代6位(当時)の好記録で優勝。残り1枠だった東京五輪代表の最有力に躍り出たが、同3月の名古屋ウィメンズで一山が松田の記録を上回って代表内定。松田はあと一歩で五輪出場の夢が絶たれ、悔し涙を流した。

 今年1月の大阪国際女子で自己ベスト2時間20分52秒をマークし、日本人大会最多となる3度目の優勝。2024年パリ五輪に向け、1万メートル19位だった17年ドーハ大会以来2度目の世界陸上の舞台に立った。

 女子マラソン日本記録は、05年ベルリンマラソンを制した野口みずきの2時間19分12秒。日本人の世陸歴代最速は、03年パリ大会で銀メダルを獲得した野口の2時間24分14秒だった。過去最高順位は13年モスクワ大会銅メダルの福士加代子。最後の入賞は、前回ドーハ大会7位の谷本観月(日本人2大会ぶり)だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集