[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】他選手を転倒させ失格のイタリア女子選手 SNSに心無い中傷「お前は汚い」「出ていけ」

16日(日本時間17日)に行われたオレゴン世界陸上(米オレゴン州ユージン、ヘイワード・フィールド)の女子1500メートル準決勝で、他選手を押して失格となったガイア・サバティーニ(イタリア)のインスタグラムに中傷が届いている。

女子1500メートル準決勝で失格となったガイア・サバティーニ【写真:Getty Images】
女子1500メートル準決勝で失格となったガイア・サバティーニ【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上女子1500メートル準決勝で起きたハプニング

 16日(日本時間17日)に行われたオレゴン世界陸上(米オレゴン州ユージン、ヘイワード・フィールド)の女子1500メートル準決勝で、他選手を押して失格となったガイア・サバティーニ(イタリア)のインスタグラムに中傷が届いている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 発端となったのは準決勝第1組のラスト1周、最終コーナーから直線に入った場面。5番手争いの密集で、最内を走っていたサバティーニが右の前にいたウィニー・ナニョンド(ウガンダ)を押すようにして進路を空けた。これでナニョンドは転倒。その外を走っていた田中希実も接触しかけ、外に膨らんだ。サバティーニが6番目、田中が7番目でゴール、ナニョンドは途中棄権となった。

 各組の上位5着とタイム上位2人の決勝進出条件でサバティーニはタイムで届かず敗退だったが、その後に失格となり田中が6位に繰り上がり。号泣していたナニョンドは救済措置により、一転して18日(同19日)の決勝に進出が決まっていた。

 レース後、サバティーニのインスタグラムでは大会前の投稿にコメントが増加。被害を受けたナニョンドは救済されたものの、「同じことまたやるつもりだろう。汚い。お前の走る場所なんてない」「出ていけ」「最低1年は出場停止」「ナニョンドとファンに謝れ」と心無い声が目立った。

 こうした声を受けてか、新たに「ごめんなさい」とひと言だけ記した投稿には、母国のファンを中心にエールが続々。「いつだって味方だよ」「色々考えるのではなく速くなることだけ考えて」「諦めないで」「次はもっと強くなっている」などの声も寄せられていた。

 800メートル、1500メートルは位置取り争いが激しく「陸上の格闘技」と言われ、接触が多い種目。また、アスリートとSNSを巡っては誹謗中傷が近年注目されており、日本でも東京五輪以降、さまざまなアスリートがメッセージを発信し、問題化している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集