[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実6着に繰り上がり 接触&転倒したウガンダ選手、大号泣敗退→救済決勝進出【世界陸上】

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子1500メートル準決勝2組で転倒が発生し、転倒の引き金となった6着のガイア・サバティーニ(イタリア)が失格。転倒し、途中棄権となったウィニー・ナニョンド(ウガンダ)は救済措置で決勝進出した。その煽りを受けていた田中希実(豊田自動織機)は7着から6着に繰り上がったが、救済はされなかった。

世界陸上女子1500メートル準決勝、接触を受け転倒したナニョンド【写真:ロイター】
世界陸上女子1500メートル準決勝、接触を受け転倒したナニョンド【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子1500メートル準決勝2組で転倒が発生し、転倒の引き金となった6着のガイア・サバティーニ(イタリア)が失格。転倒し、途中棄権となったウィニー・ナニョンド(ウガンダ)は救済措置で決勝進出した。その煽りを受けていた田中希実(豊田自動織機)は7着から6着に繰り上がったが、救済はされなかった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 アクシデントが起きたのはラスト1周、最終コーナーから直線に向いたところ。5番手争いの密集で、最内を走っていたサバティーニが右の前にいたナニョンドを押すようにして進路を空けた。これでナニョンドは転倒。その外を走っていた田中も接触しかけ、外に膨らんでスパートが一瞬遅れた。サバティーニが6着、田中が7着でゴール、ナニョンドは途中棄権となった。ナニョンドは号泣。チーム関係者に慰められたが、大泣きで叫びながらミックスゾーンを通過した。

 2組で行われた準決勝は各組の上位5着とタイム上位2人の決勝進出条件だった。その後、押したサバティーニは失格となり、転倒したナニョンドは救済で決勝進出が決まった。田中は6着に繰り上がったが、タイムで拾われず。18日(同19日)に行われる決勝は1人多い13人で争われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集