[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

歴史的世界7位サニブラウン 100m決勝後に用意された日の丸を受け取らなかったワケ【世界陸上】

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル決勝では、同種目日本人初のファイナリストとなったサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒06(向かい風0.1メートル)で7着だった。昨夏の東京五輪銀メダルのフレッド・カーリー(米国)が9秒86で優勝し、米国勢が表彰台を独占した。

世界陸上、男子100メートルでスタートを決めるサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】
世界陸上、男子100メートルでスタートを決めるサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル決勝では、同種目日本人初のファイナリストとなったサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒06(向かい風0.1メートル)で7着だった。昨夏の東京五輪銀メダルのフレッド・カーリー(米国)が9秒86で優勝し、米国勢が表彰台を独占した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 サニブラウンが世界7位となった決勝レース後。印象的なシーンがあった。日本人初ファイナリストという快挙。大会関係者は日の丸の国旗を準備していたが、本人はそれを受け取らなかった。理由は明確。「メダル獲ってないんで、受け取ってもなって」と平然と言い、強い矜持を伺わせた。

 その想いを示すように、歴史を塗り替えたことについては「まあまあかな」と言う一方で「物凄く悔しい」と漏らす場面もあった。「こんなところで満足していられない。もっともっと上を目指して頑張っていきたい。(メダルとの距離は)近いようで遠いかなというイメージ。すぐに手が届きそうだけど、その何センチを縮めるために凄い練習が必要。一日一日、一秒一秒を無駄にせず励んでいきたい」と語った。

 サニブラウンが目指すのは、あくまで世界一。「日本人初ファイナリスト」という肩書きは通過点に過ぎない。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集