[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が“通天閣打法”で幸運出塁 米女性レポーター仰天「見た中で最も高い飛球」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、相手のエラーによりラッキーな出塁を果たした。高々と打ち上げた打球を一塁手が捕球できず。ツイッター上の日本人ファンからは「通天閣打法」の声も上がっていたが、米女性レポーターも「これまで見た中で最も高いポップフライ」と驚いていた。

ドジャース戦で相手失策により出塁する大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャース戦で相手失策により出塁する大谷翔平【写真:ロイター】

ドジャース戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、相手のエラーによりラッキーな出塁を果たした。高々と打ち上げた打球を一塁手が捕球できず。ツイッター上の日本人ファンからは「通天閣打法」の声も上がっていたが、米女性レポーターも「これまで見た中で最も高いポップフライ」と驚いていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 この試合が球宴前、前半戦の最終戦。6点を追う3回2死一塁の第2打席で、大谷は高々と内野フライを打ち上げてしまう。夜空に向かったボールはなかなか落ちてこず、バットに当たってから約6秒後に一塁手フリーマンのもとへ。しかし、風も受けたのか、打球を取り損ねてしまった。大谷はエラーでラッキーな出塁となった。

 実際の映像を米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者がツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニは内野ポップフライでもインパクトがある。滞空時間が長かったようで、フレディ・フリーマンは捕球できず」と衝撃を記した。

 ツイッター上の日本人ファンからは「通天閣打法をメジャーでやるとは」「あっ、通天閣打法だ!」などと、人気漫画「ドカベン」で登場した秘打を連想したファンも。米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の女性レポーター、エリカ・ウェストンさんもツイッターで「これまで見た中で最も高いポップフライ。もちろん、これはオオタニだからこそ。フリーマンが空中で見失う」などと驚いていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集