[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、記憶も飛んだ世界の7位 一問一答「全く覚えてない、断片でしか…(笑)」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル決勝では、同種目日本人初のファイナリストとなったサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒06(向かい風0.1メートル)で7着だった。昨夏の東京五輪銀メダルのフレッド・カーリー(米国)が9秒86で優勝し、米国勢が表彰台を独占した。

世界陸上、男子100メートルで激走するサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】
世界陸上、男子100メートルで激走するサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル決勝では、同種目日本人初のファイナリストとなったサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒06(向かい風0.1メートル)で7着だった。昨夏の東京五輪銀メダルのフレッド・カーリー(米国)が9秒86で優勝し、米国勢が表彰台を独占した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 サニブラウンが世界の7位になった。1レーンから出たサニブラウンは中盤まで世界の強豪に必死に食らいついて力走。後半に遅れたものの、2レーンのアーロン・ブラウン(カナダ)に競り勝ち、堂々の7位入賞だ。レース後はトラックに座り込んだ後、さばさばとした表情で笑みも浮かべた。中継局のインタビューでは「ちょっと準決勝で使い切った感じがあった。体の状態は良かった。最後の詰めが甘かった」などと話した。

 ミックスゾーンで取材に応じたサニブラウンの主な一問一答は以下の通り。

――決勝は楽しめたか。

独特の緊張感だった。歓声もそうですし、準決勝ほど緊迫していなかった。みんな、準決勝は「抜けよう、抜けよう」と緊迫していた。決勝はみんなリラックスして、自分の走りをしようという感じ。

――自分の走りを振り返って。

まったく覚えてないです、まったく覚えてないです(笑)。横一線なので何が起こるかわからないから、とりあえずやってやろうという気分でアップもしていた。トラックに入ってからも集中力を切らさずにやろうとブロックに入った。

――記憶はスタートしたら飛んだのか。

断片でしか覚えていない。最後の20~30メートルしか覚えてない。横が2人くらいちょっと前に出てるなくらい。無我夢中すぎて覚えてないかな。

――準決勝突破の気持ちは。

とりあえず「やったー」という感じはあったけど、ここから「ここで戦わないと」という感じ。

――決勝のレース後は。

悔しかったけど、それでも全力を出し切ったので、まあまあかなという感じ。

――仲間がメダルを獲った。

悔しい想いもしたけど、チームメートが日頃どれだけ頑張っているか間近で見ているので、2人には後で会ったら「おめでとう」と言いたい。

――世界の8人に残れたことは。

決勝に残って、決勝で走って、今まで自分がやってきたことが良かったのかなと思えた。海外に来て、大学に来て、プロになってチャレンジしたことは自分にとっては正解だったのかな。

――歴史を塗り替えたことは。

まずまずかなという感じ。こんなところで満足していられない。もっともっと上を目指して頑張っていきたい。

――メダルとの距離は。

近いようで遠いかなというイメージ。すぐに手が届きそうだけど、その何センチを縮めるために凄い練習が必要。メンタル、コンディションの調整が必要。その1ミリを縮めるために選手たちは練習、練習以外でも励んでいる。そういうところで自分も一日一日、一秒一秒を無駄にせず励んでいきたい。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集