[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トップ10相手に33戦で1勝も…30歳の苦労人がジョコビッチ撃破の大金星

男子テニスで世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、全豪オープンの男子シングルス2回戦で同117位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)にフルセットの死闘の末に敗れる大波乱があった。全豪オープン6度優勝のディフェンディングチャンピオンを下した30歳の苦労人は、人生最大の勝利と喜びを爆発させている。

20170119_istomin

昨年トップ100陥落のイストミンが大番狂わせ、過去に事故で80針縫う大怪我も

 男子テニスで世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、全豪オープンの男子シングルス2回戦で同117位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)にフルセットの死闘の末に敗れる大波乱があった。全豪オープン6度優勝のディフェンディングチャンピオンを下した30歳の苦労人は、人生最大の勝利と喜びを爆発させている。

「僕にとっては(キャリアで)最大の勝利だ。すごく大きな意味を持つよ。こういった選手たちとも戦えるし、同じレベルだと感じることができた」

 英公共放送「BBC」電子版によると、イストミンは試合後にこう語ったという。

 記事では、イストミンの経歴を紹介。14歳の時には自動車事故で足を骨折し、80針縫う重傷を負った。3か月間歩くことができず、ラケットを2年間握れなかった経験を持つという。コーチは母親のクラウディヤさんが務めるが、2016年にトップ100から陥落。全豪オープンにはワイルドカード枠で出場していたことにも言及している。

 崖っぷちの状況で大金星をつかんだイストミンは記事の中で、「第3セットから足が痙攣していた。どうやって抑えたのかわからない。でも、すごくいいプレーができた。自分でも驚いているよ」と話しており、衝撃の1勝に信じられないといった様子だった。

 世界ランクトップ10相手に、これまで33戦でわずか1勝しか挙げたことがなかったというイストミン。優勝候補の一角を撃破し、今大会のダークホースとなるのだろうか。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集