[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ひと目で分かる“魔球”の威力 30→41cmに向上した変化量だけじゃない凄さ

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。6回4安打12奪三振1失点で9勝目を挙げた。約2か月間に渡り、自身6連勝と圧倒的な投球を続けているが、米識者はある球種の“進化”をデータを用いて紹介している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦で9勝目、自身6連勝を挙げる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。6回4安打12奪三振1失点で9勝目を挙げた。約2か月間に渡り、自身6連勝と圧倒的な投球を続けているが、米識者はある球種の“進化”をデータを用いて紹介している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 投球に変化が生まれている。地区首位を独走する強力アストロズ打線を相手に12奪三振。100マイル(約161キロ)を超える速球でも抑え込んだが、スライダーを軸にした変化球も冴え渡っていた。4試合連続の2ケタ奪三振となったが、MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー氏は、大谷のスライダーの“使用状況”に着目した。

 直近4試合と、それ以前の4試合のデータを比較すると、スライダーの変化量は12インチ(約30センチ)から16インチ(約41センチ)に向上。投球割合も27%から43%に増えていた。スライダーで奪った三振数は3個から19個に増加。「投手・大谷」の好調を支えている“魔球”として、その凄さが浮き彫りとなっている。

 さらにアドラー氏はスライダーの投球分布図も公開。驚くことに、どれも真ん中に行っていないことがひと目で分かる。変化量の増えたスライダーだが、それを失投にしない大谷のコントロールの良さも際立っている。

 14日(同15日)のアストロズ戦には「2番・DH」で先発出場。3打数1安打2四球だったが、チームは延長戦に2-3で敗れ、またも大谷登板翌日に連勝とはならなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集