[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米ESPN記者は“来夏移籍”の可能性指摘 今季トレードは「想像できない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。3打数1安打2四球だったが、チームは延長戦の末2-3で敗れた。過去14試合で大谷の登板試合以外に勝てないエンゼルス。米スポーツ専門局「ESPN」のベテラン記者は“来夏放出”の可能性について言及している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷の奮闘の一方、エンゼルスは低迷

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。3打数1安打2四球だったが、チームは延長戦の末2-3で敗れた。過去14試合で大谷の登板試合以外に勝てないエンゼルス。米スポーツ専門局「ESPN」のベテラン記者は“来夏放出”の可能性について言及している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 ESPNのティム・カークジャン記者は同局の番組「スポーツセンター」に登場。大谷が13日(同14日)のアストロズ戦で6回4安打1失点、12奪三振の力投で9勝目を挙げたことに加え、最近打ち立てた数々の記録にも改めて注目。6月1日以降、大谷の勝利数とエンゼルスの残る全投手の合計勝利数が6で並んでいるという、チームの不振ぶりも紹介している。

 出演していた女性MCは「バットでもマウンドでも毎日感銘的であり続ける大谷ですが、エンゼルスは鉄板で、今年もポストシーズンをまたしても逃すことになりそうです。在籍5年でポストシーズンを逃すのも5回。これはよくありません。前進するためにエンゼルスは彼をどうするべきでしょうか?」と問題提起した。

 すると、カークジャン記者は「彼らは長期契約を結ぼうとするでしょう。なぜなら、ショウヘイ・オオタニと長期契約を結びたがらないものは存在しないからです」と指摘。エンゼルスも大谷との長期契約を目指すと分析する一方で、「それは難しいでしょう」と続けた。

「なぜなら、彼(大谷)は来シーズン後にフリーエージェントになってしまうからです。そして、彼は勝ちたがっている。このチームがどうなるのかわからない状況で今、(エンゼルスと)契約する必要がどこにあるのか」と、負け越しの続くエンゼルスのチーム状況から、残留交渉の難しさについてもカークジャン記者は指摘している。

「彼らはトレードしないでしょう。思うに1年後、フリーエージェントになる数か月前に、彼らは長期契約を結べないと悟ったときに、トレードを検討することになる。でも、来年の段階まで起こるとは想像できません」とカークジャン記者。今夏の移籍市場では、大谷残留を予想していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集