[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、“シフト無視”の時速31キロ内野安打に米記者拍手「シフトの穴見つけた」

大谷翔平、“シフト無視”の時速31キロ内野安打に米記者拍手「シフトの穴見つけた」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地ロイヤルズ戦で4試合ぶりにスタメンを外れたが、6回に代打で出場。快足を飛ばして、2試合連続ヒットとなる二塁内野安打を放った。その後、同点ホームを踏むなど貴重な一打を、エンゼルスの地元放送局「FOXスポーツウェスト」が動画つきで速報している。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

6回に代打で出場、大谷シフトの隙間を突いて二塁内野安打を放つ

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地ロイヤルズ戦で4試合ぶりにスタメンを外れたが、6回に代打で出場。快足を飛ばして、2試合連続ヒットとなる二塁内野安打を放った。その後、同点ホームを踏むなど貴重な一打を、エンゼルスの地元放送局「FOXスポーツウェスト」が動画つきで速報している。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 反撃の口火を切ったのは「代打・オオタニ」だった。1点を追う6回。1死走者なしで、代打で登場。ロイヤルズ2番手右腕のマッカーシーの4球目、92.7マイル(約149キロ)の外角低めツーシームをひっかけた。

 当たりは決して良くなかったが、飛んだコースが良かった。打球は、右寄りに守る大谷シフトを敷いていた相手の守備の隙間を突いた。快足を飛ばした大谷は楽々セーフ。二塁内野安打で2戦連続安打。打率は.289とした。

 続くキンズラーの四球で一、二塁に。さらにトラウトが中前へ運び、大谷が同点のホームを踏んだ。大谷の貴重な一打に米記者も拍手を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー