[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

賞金6億円到達の菊地絵理香、意識した1.5m最終パット「外せばいくら落とすのか…」

女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、5位で出た菊地絵理香(フリー)が、4バーディー、ボギーなしの68で回って通算12アンダーの2位に入った。賞金872万円を獲得し、生涯獲得賞金はツアー史上23人目の6億円を突破。ツアー通算4勝の33歳は「周りから言われていたので意識していました」と笑みを浮かべた。

資生堂レディス最終日をプレーする菊地絵理香(左)、同組のささきしょうこ【写真:Getty Images】
資生堂レディス最終日をプレーする菊地絵理香(左)、同組のささきしょうこ【写真:Getty Images】

資生堂レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、5位で出た菊地絵理香(フリー)が、4バーディー、ボギーなしの68で回って通算12アンダーの2位に入った。賞金872万円を獲得し、生涯獲得賞金はツアー史上23人目の6億円を突破。ツアー通算4勝の33歳は「周りから言われていたので意識していました」と笑みを浮かべた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 菊地が大混戦の中、2位タイでフィニッシュした。単独4位以上で「6億円突破」の状況から、見事に到達して笑みを浮かべた。総額は6億233万8136円に。「(よく質問されるので)突破しなきゃダメなのかな~と、気にしていました」と振り返った。

 最終18番パー4では、1メートル半のパーパットが残り、「嫌なスライスラインでした。外したら(賞金を)いくら落としちゃうのかな」と思っていたが、しっかりと決める勝負強さも見せた。仮に外していれば、4位タイで6億円突破はならなかった。

 今季は未勝利だが、調子は上向きだ。「諦めないでやれた結果、いい順位で終われたので、そこはすごいうれしいですね」と声を弾ませた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集