[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“先発最速ストライク”の165km剛速球をマーク 23歳右腕に米驚愕「これ先発かよ」

米大リーグで23歳右腕による“先発最速ストライク”が話題となっている。ブレーブスのスペンサー・ストライダーが2日(日本時間3日)、先発登板したレッズ戦の3回に102.4マイル(約164.8キロ)を記録。先発投手のストライクに限れば08年以降最速となった動画を、米投球分析家が公開した。本人も「ヤバいね。速いよ」と自画自賛の一球に対し、米ファンから「これ先発かよ」「2022年の新人王だ」と驚きの声が上がった。

先発最速ストライクとなる165キロをマークしたブレーブスのストライダー【写真:ロイター】
先発最速ストライクとなる165キロをマークしたブレーブスのストライダー【写真:ロイター】

23歳ストライダーが165kmに自画自賛「ヤバいね。速いよ」

 米大リーグで23歳右腕による“先発最速ストライク”が話題となっている。ブレーブスのスペンサー・ストライダーが2日(日本時間3日)、先発登板したレッズ戦の3回に102.4マイル(約164.8キロ)を記録。先発投手のストライクに限れば08年以降最速となった動画を、米投球分析家が公開した。本人も「ヤバいね。速いよ」と自画自賛の一球に対し、米ファンから「これ先発かよ」「2022年の新人王だ」と驚きの声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 最速ストライクを投げた先発投手だ。1-0の3回2死走者なし。2年目右腕のストライダーが、カウント1-1からジョナサン・インディアに投じた一球は低めいっぱいの直球だった。ファウルにされたが、球速は102.4マイルをマーク。直後に20キロ遅い144キロのスライダーで遊ゴロに打ち取った。

 MLB公式サイトは、102.4マイルの剛球について「投球を詳しく追跡できるようになった2008年以降、先発投手による最も速いストライク」と紹介。この日、100マイル以上の球を14度投げ込んだという。同サイトによると、ストライダーは「スピードガンの102という数字は確かに見ていた。ヤバいね。速いよ」と自画自賛だったという。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏は、ツイッターに“先発最速ストライク”の動画を公開。コメント欄では、「2022年の新人王だ」「これ先発かよ」「スペンサーにとって重要な日となった」「ヤバすぎだろ」「おかしすぎる」と米ファンの度肝を抜いた。ストライダーは6回1安打11奪三振で1失点。チームを4-1の勝利に導き、4勝目(2敗)を手にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集