[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平VSジャッジ、「どっちが優れた娯楽か」で米激論「私の結論は彼こそがショー」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手とヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手について、激論が交わされている。米スポーツ専門局「ESPN」は「どちらが優れたエンターテインメントか」とのテーマで番組を放送。ア・リーグMVP候補の2人について、様々な意見が相次いだ。

リーグMVP候補としてライバル選手との優劣が激論されている大谷翔平【写真:ロイター】
リーグMVP候補としてライバル選手との優劣が激論されている大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平とアーロン・ジャッジを比較

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手とヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手について、激論が交わされている。米スポーツ専門局「ESPN」は「どちらが優れたエンターテインメントか」とのテーマで番組を放送。ア・リーグMVP候補の2人について、様々な意見が相次いだ。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 ESPNの人気番組「ファーストテイク」では、MVP争いの主役を演じるジャッジと大谷について議論を展開した。大谷は日本時間3日の試合終了時点で、投手として7勝4敗、防御率2.68、101奪三振をマーク。打者としても打率.262、18本塁打、50打点と6月に調子を上げた。一方、ア・リーグ首位のチームを牽引するジャッジは、リーグトップの29本塁打に加え、打率.282、59打点と活躍している。

「マッドドッグ」の異名で知られるパーソナリティのクリス・ルッソ氏は「オオタニに関する否定的な材料は西海岸であること、あとはチームの低迷です。エンゼルスが影を落とします。なぜならチームが酷い状況だからです。14連敗もありました」と強調。借金生活のエンゼルスと好調ヤンキースの明暗を比較しながらこう続けた。

「他のみんなのように、そこまでのオオタニ・グルーピー(熱狂的ファン)ではありませんが、毎日彼が成し遂げていることを見てください。2本塁打で8打点の翌日に、13奪三振です。公正に言えば、ジャッジは4打席に立つだけです。その間、オオタニは投げて打つわけですから。これは重要ですよ」

 一方、同局女性リポーターのコートニー・クローニン氏は「ジャッジの方がよりエキサイティングな選手だと思う」と異論。今季と来季の総額年俸に対する注目度の高さ、リーグトップの29本塁打、WAR4位、チームが首位、本塁打数の球団記録更新への期待をアピール材料とした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集