[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青木瀬令奈、キャディーに感謝の逃げ切りV 大会記録も更新「暑い中一緒に戦ってくれた」

女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た青木瀬令奈(フリー)が6バーディー、3ボギーの69で回って通算14アンダーで逃げ切りVを飾った。大会記録を2打更新し、昨年6月の宮里藍サントリーレディス以来、約1年1か月ぶりのツアー通算3勝目。選手会長に相当するプレーヤーズ委員長の29歳が、最高の形でツアーを盛り上げた。

資生堂レディスで優勝した青木瀬令奈【写真:Getty Images】
資生堂レディスで優勝した青木瀬令奈【写真:Getty Images】

資生堂レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た青木瀬令奈(フリー)が6バーディー、3ボギーの69で回って通算14アンダーで逃げ切りVを飾った。大会記録を2打更新し、昨年6月の宮里藍サントリーレディス以来、約1年1か月ぶりのツアー通算3勝目。選手会長に相当するプレーヤーズ委員長の29歳が、最高の形でツアーを盛り上げた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 苦しい出だしだった。1番でいきなり1つ落とすと、2番でも連続ボギー。これまでは首位で迎えた最終日に逆転を許していた。しかし、この日は違う。3番で1つ取り返すと、4番ではシビアなバーディーパットを沈めた。単独首位に再浮上。7番でもバーディーを奪い、2位に1打差で迎えた10番はラフから華麗なチップインバーディーだ。

 ギャラリーは拍手喝采。伸ばし合いで追われる展開の中、11、12番も伸ばし、圧巻の3連続バーディーで突き放した。17番でボギーを叩いたが、2打差で最終18番へ。パーオンに成功し、ウィニングパットを決めると、笑顔で両腕を突き上げた。

 優勝スピーチでは大会主催者、スポンサー、コース、ボランティアに感謝を述べ、「ギャラリーの皆様も本当にたくさんのご声援をくださり、本当にありがとうございました」とコメント。「3勝目をここで挙げることができて、本当に今はまだ実感がないです。1年ちょっとぶりだったけど、毎日その日を描いて、いつ実現できるか夢を見ながら過ごしてきた。この日を迎えられてうれしいです」と笑った。

「この3勝目までにたくさんの皆様のご協力、何よりも暑い中、(キャディーとして)担いで一緒に戦ってくれた大西コーチ、ファン、家族のみんなの祈りのおかげだと思います。これから勝利を重ねられるように精進していきたいと思います。ありがとうございました」

 2打差の2位に吉田優利、黄アルム、菊地絵理香。3打差の5位にユン・チェヨン、大出瑞月、勝みなみ、山下美夢有、ささきしょうこが入った。菅沼菜々、金澤志奈が10アンダーの10位だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集