[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵軍107勝OBが仰天したマウンドでの一幕「これは見たことない。分からない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の快投で今季7勝目を挙げた。敵地中継の実況席は、3回の大谷のウォーミングアップに脚光。「こんなの見たことない」と驚きを伝えた。

ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ホワイトソックス戦で11奪三振無失点の力投で7勝目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の快投で今季7勝目を挙げた。敵地中継の実況席は、3回の大谷のウォーミングアップに脚光。「こんなの見たことない」と驚きを伝えた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷の思わぬ姿に注目したのは、ホワイトソックスの本拠地シカゴで試合を中継した米放送局「NBCスポーツ・シカゴ」だった。3回のマウンド。先頭打者が打席に入った際、解説を務めたスティーブ・ストーン氏は「見たこともないようなことを、ショウヘイ・オオタニがしているのを今見た。すべてのウォーミングアップでの投球をゆるい山なりのボールを投げていた」と投球練習の様子を紹介した。

 実況のジェイソン・ベネッティ氏から「なぜだと思うか」と聞かれると、ストーン氏は「いままでこんなの見たことないから、分からない。すでに十分温まっているということなのかな。全投球が40マイルを超えていなかったと思う」「本当に信じらない。通常、投手は最初の2球くらい緩く投げて、そのあと少し強い球を投げる。でもオオタニは違う。彼にはプランがあって、それを遂行するんだ」と驚きを伝えてた。

 ストーン氏は現役時代、ホワイトソックスなどで活躍。11年のキャリアで320登板、107勝を記録。1980年には25勝をマークし最多勝、サイ・ヤング賞を受賞した名右腕だ。大谷は打者としては3打数無安打だったが、快投でチームの4-1の勝利に貢献。7勝目の裏側が意外な脚光を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集