[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 岩佐亮佑、2度目の防衛戦が8月に決定 挑戦者陣営は自信「番狂わせを信じている」

岩佐亮佑、2度目の防衛戦が8月に決定 挑戦者陣営は自信「番狂わせを信じている」

ボクシングのIBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(セレス)の2度目の防衛戦が、8月16日に行われることになった。対戦相手は同級1位のTJ・ドヘニー(アイルランド)。米メディアが報じている。

岩佐亮佑【写真:Getty Images】
岩佐亮佑【写真:Getty Images】

対戦相手のドヘニーは19戦全勝の強打のサウスポー

 ボクシングのIBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(セレス)の2度目の防衛戦が、8月16日に行われることになった。対戦相手は同級1位のTJ・ドヘニー(アイルランド)。米メディアが報じている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 米専門誌「リングマガジン」が「リョウスケ・イワサとTJ・ドヘニーが8月16日防衛戦の条件に合意」と題して報じている。

 同誌はドヘニーのマネジャーを務めるマイク・アルタムーラ氏のコメントを紹介している。

「TJがベストを尽くし、番狂わせを起こすことができると信じている。イワサのKO負けは両方ともサウスポーが相手だった」

 岩佐は2敗を喫しているが、ともにサウスポーが相手。ドヘニーもサウスポーであることから、同マネジャーは自信をのぞかせている。

 昨年9月に初の世界のベルトを手にした岩佐。3月に元WBC世界バンタム級王者・山中慎介が体重超過のルイス・ネリ(メキシコ)に敗れた日に、セミファイナルで初防衛に成功していた。

 一方で指名挑戦者のドヘニーは19戦全勝(14KO)を誇るサウスポーのハードパンチャー。「ザ・パワー」の異名を取り、前回の3月の試合では2ラウンドTKO勝ちしている。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー