[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織に“究極の二択”を海外紙直撃 「東京五輪金」と「4大大会優勝」どっちを選ぶ?

テニスの全仏オープンは1日、男子シングルス3回戦で世界ランク21位の錦織圭(日清食品)が同65位ジル・シモン(フランス)を6-3、6-1、6-3のストレート勝ちを収めた。完全復活を目指している日本のエースはスペイン紙に対し、「東京五輪金メダル」と「グランドスラム優勝」という“究極の二択”について思いを吐露している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

スペイン紙が直撃「東京五輪金メダルとグランドスラム優勝、どっちを選ぶ?」

 テニスの全仏オープンは1日、男子シングルス3回戦で世界ランク21位の錦織圭(日清食品)が同65位ジル・シモン(フランス)を6-3、6-1、6-3のストレート勝ちを収めた。完全復活を目指している日本のエースはスペイン紙に対し、「東京五輪金メダル」と「グランドスラム優勝」という“究極の二択”について思いを吐露している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

「ムンド・デポルティーボ」紙のインタビューに応じた錦織。昨季後半戦は右手首の故障で長期離脱を余儀なくされたが、今年1月に復帰。今大会で16強入りを果たし、完全復活へ一歩ずつ歩みを進めている。

 今年の目標について質問された28歳は「すべての試合が自分にとっては挑戦です。今年はどこかのタイミングでトップ10に戻りたいと思っています。しかし、怪我の後からゆっくりと復帰してきました。トップ10まで少しずつ戻れるように頑張りたい」と語ったという。

 世界ランク最高4位まで上り詰めたが、現在21位。今季はまず世界10傑に返り咲くことを念頭に置いている。そして、16年リオデジャネイロ五輪銅メダルに輝いた日本のエースは20年東京五輪についても、熱い思いを明かしている。

「もちろん、20年東京五輪については心の中にあります。最高のスポーツイベントでもある五輪の試合を母国でプレーできるのは素晴らしい機会。母国の観客の前でプレーすることもいいですね。リオの3位決定戦でラファに勝ち、メダルを獲得できたのは最高の経験でした。あそこまでの成功を成し遂げるにはたくさんのこともあります。でも、東京で活躍できると願っています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集