[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、歴史的2日間で見せた“ちょっとした礼儀正しさ”に米注目「エリート級だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(同22日)に打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャーでは自己最多となる13奪三振をマークし、6勝目を挙げた。快投中に見せていたちょっとした仕草にまで米投球分析家は注目。「エリート級の礼儀正しさ」と紹介していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ロイヤルズ戦のマウンド、米投球分析家が注目したのは…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(同22日)に打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャーでは自己最多となる13奪三振をマークし、6勝目を挙げた。快投中に見せていたちょっとした仕草にまで米投球分析家は注目。「エリート級の礼儀正しさ」と紹介していた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 前日は延長11回まで「3番・DH」でフル出場し、3ラン2本を含む8打点を記録した大谷。22日(同23日)はトラウト、ウォルシュの主力2人がスタメンから外れる中でマウンドに上がった。疲労も感じさせない投球で8回まで108球を投げ抜き、MLBでは自己最多の13奪三振を記録。今季6勝目でまたもチームの連敗を止めた。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、快投中の大谷が見せた仕草にツイッターで注目していた。ボールを球審から受け取る際、右手を高く上げた後に帽子のつばに添える動きを見せた。フリードマン氏は実際の動画を公開し、投稿文面には「ショウヘイ。エリート級の礼儀正しさ」と紹介していた。

 ちょっとした仕草ではあるものの、米国のファンには礼儀正しい一面だと感じられていたようで「大好きだ」「ヤキュウ・モーメント」「態度に関するスタッツはどこ?」「彼はすごく可愛い」などとコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集