[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

0.993秒差で敗れたF1ドライバー、決着直後の行動に海外称賛「これがスポーツの全て」

自動車レースF1のカナダGPは19日(日本時間20日)、決勝が行われ、初優勝を狙ったカルロス・サインツ(フェラーリ)は勝者と0.993秒差の2位だった。フィニッシュ直後には、今季6勝目を挙げたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をマシン内から労い。F1公式が動画を公開すると、海外ファンからは「いいね押しまくったわ」「これぞF1だ」と称賛の声が寄せられている。

惜しくも2位となったカルロス・サインツ【写真:ロイター】
惜しくも2位となったカルロス・サインツ【写真:ロイター】

F1カナダGPフィニッシュ後の2位選手の行動とは

 自動車レースF1のカナダGPは19日(日本時間20日)、決勝が行われ、初優勝を狙ったカルロス・サインツ(フェラーリ)は勝者と0.993秒差の2位だった。フィニッシュ直後には、今季6勝目を挙げたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をマシン内から労い。F1公式が動画を公開すると、海外ファンからは「いいね押しまくったわ」「これぞF1だ」と称賛の声が寄せられている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 レースが終わった直後、潔く勝者を称えた。サインツは0.993秒差の2位でチェッカーを受けた。惜しくも初優勝を逃したが、直後に前を走るフェルスタッペンのマシンに接近。並走すると、右手で合図を出した。勝者もこれに反応。手を振り返し、健闘を称え合った。

 動画を公開したF1公式インスタグラムは、文面に「バトルの後は……リスペクト」と記して投稿。海外ファンから「いいね押しまくったわ」「これぞF1だ」「2人の優秀なドライバー同士の敬意だね」「素晴らしいファイトだったよ」「フェアプレーだ」「これがスポーツのすべてだよ」とコメントが寄せられていた。

 3位にはルイス・ハミルトン(メルセデス)が入り、角田裕毅(アルファタウリ)はリタイアとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集