[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

44歳日本人、テニス世界最年長ランカーの座を死守 1勝&ダブルスVの鉄人・松井俊英

44歳のテニス界現役最年長ランカーとして有名な松井俊英(AFPグループ)が、グアムで行われた国際テニス連盟の男子下部大会「M25 ハーモン」で1回戦に勝利。新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年以来となるATPポイントを獲得し、現役最年長ランカーの座を守ったことが明らかになった。

新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年以来となるATPポイントを獲得した松井俊英【写真:本人提供】
新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年以来となるATPポイントを獲得した松井俊英【写真:本人提供】

新型コロナ感染拡大以前の2019年以来となるATPポイントを獲得

 44歳のテニス界現役最年長ランカーとして有名な松井俊英(AFPグループ)が、グアムで行われた国際テニス連盟の男子下部大会「M25 ハーモン」で1回戦に勝利。新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年以来となるATPポイントを獲得し、現役最年長ランカーの座を守ったことが明らかになった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 松井はグアムで2週連続で行われた2大会に参戦。2部目の大会の男子ダブルスで上杉海斗(江崎グリコ)とのペアで見事優勝。シングルスでは7日に行われた1回戦マシュー・スタブリング(パプアニューギニア)戦で勝利した。2回戦で敗れたものの、新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年以来となるATPポイントを獲得したという。

「シングルスで久々に勝てて良かった。パンデミックの影響でATPポイントはプロテクトされていたのですが、これまでのポイントは8月で失効する流れでした。今回ポイントを取れなければ、“最年長”は消えていたところですが、今回ポイントを獲得できたので、最年長ランカーの座もひとまずキープ。大会主催者にも確認しましたが、現役最年長であることは間違いないとのことです」

 現在ATPランク1039位の松井は帰国すると、笑顔で語った。遠征直前にふくらはぎを痛めるアクシデントに見舞われた。大会1週目のダブルスではベスト4で敗れたが、11日に行われた2部目のダブルス決勝ではナム・ジソン、ソン・ミンギュの韓国ペアを倒して見事に優勝した。

 44歳での優勝という鉄人ぶりに「大会ディレクターが喜んでくれた」と振り返る松井。「回復力に多少の不安はありますが、以前よりも勝負所での集中力が上がった。経験が物を言う段階に来ています」と健在ぶりをアピールした。

 今後は欧州のトーナメントを転戦予定で、テニス界の鉄人の戦いは続きそうだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集