[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、異次元の2冠! 800m2位→75分後5000m圧勝「800m走っても走ってなくても自分は同じ」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、22歳の田中希実(豊田自動織機)が15分05秒61で優勝。2位だった800メートル決勝終了後、75分後に行われたレースで異次元の強さを発揮していた。すでに参加標準記録15分10秒00を突破していたため、優勝した1500メートルに続く2冠とともに、2つ目の世界陸上代表に内定した。

15分05秒61で優勝した田中希実。ライバルの廣中を置き去りにした【写真:奥井隆史】
15分05秒61で優勝した田中希実。ライバルの廣中を置き去りにした【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、22歳の田中希実(豊田自動織機)が15分05秒61で優勝。2位だった800メートル決勝終了後、75分後に行われたレースで異次元の強さを発揮していた。すでに参加標準記録15分10秒00を突破していたため、優勝した1500メートルに続く2冠とともに、2つ目の世界陸上代表に内定した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 田中のほか、廣中璃梨佳、萩谷楓、木村友香、佐藤早也伽の全5人が参加標準記録を突破していた種目はスタート直後、スローペース。徐々にペースが上がり、7人が集団を作る展開に。3番手につけていた田中は3000メートルを過ぎたところで先頭に立つ場面も。集団が1人ずつ減っていくサバイバルとなったが、残り1周直前で田中がスパート。後続を引き離し、2位の廣中らに大差をつけて圧勝を飾った。

 10日に1500メートルで3連覇し、東京五輪で日本人初の8位入賞を果たした種目で代表に内定した。この日は午後4時20分からの800メートル決勝に出場。ワールドランキングでの代表入りを狙っていた中、2位で終えた。ゴールしたのは午後4時22分。そのわずか75分後、同5時37分に号砲が鳴った5000メートル決勝に出場。4日間で5レースの激走を見せた。昨年大会は800メートル3位、1500メートル優勝、5000メートル3位だった。

 レース後の中継局インタビューでは驚きの第一声。800メートル直後にレースについて「案外、余裕を持てたので、自分の場合は800メートルを走っても走ってなくても同じだからという気はする。その中で優勝することができて、前半ゆとりを持ちながら、良いイメージで走ることができて良かった」と話した。

 4日間で5レースに出場。総括して「結果的に去年より本数、質が全体的に上がっていたのでうれしい。これをしっかり世界の舞台でも出していきたい」と語り、2種目で代表した世界陸上に向けては「このタイムで、もう少し余裕を持たないと5000メートルはまた予選落ちする。1500メートルも今季は海外選手とレースになった時、感触の良いものがなかったので、今までの悔しさをバネに両種目で決勝に残ってしっかり戦えるようにしたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集