[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ホンマにそんなタイムで…」 大学2年生・山本亜美、過去の自分に勝った400m障害V2

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子400メートル障害決勝では山本亜美(立命大2年)が56秒38の自己ベストで2連覇を飾った。

日本選手権、女子400メートル障害で2連覇を達成した山本亜美【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子400メートル障害で2連覇を達成した山本亜美【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子400メートル障害決勝では山本亜美(立命大2年)が56秒38の自己ベストで2連覇を飾った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 強いレースで連覇を飾った。後半が強い山本は前半から飛ばし、宇都宮絵莉とのマッチレースに。直線でも失速せず、振り切った。表情をくしゃくしゃにして喜んだ大学2年生は、連覇について「大満足です!」と笑みをふりまいた。

「予選を走っている感じ、前半はもうちょっと飛ばしてもいけるかなと思った。後半もしっかりと走れたので良いレースになった」

 初めて57秒の壁を破り、昨年この大会で出した自己ベストを更新する56秒38。「過去の自分に勝てないのが一番嫌だった」という山本。「よく考えたらこの1年自己ベスト出せていないと決勝前に思った。ここで出せなかったら、あまり出す機会がない。絶対に56秒台出す」と思っていたが、タイムには驚き。

「ホンマにそんなにタイム良く走れて良かったです!」と明るい関西弁で感情を表現した。

 今後の課題は走力強化。現在は400メートルが54秒台中盤~後半といい、「それを53秒で走らないと(400メートル障害も)伸びない。400メートルを速くなるためにも200メートルを速くならないと」と見据えた。

「来年もこの自己ベストを超えられるように1年間、頑張りたい」。最後まで笑みを絶やさず、さらなる進化を誓った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集