[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、13号に敵地実況席は11秒の沈黙 元首位打者OBが挙げた「唯一のミス」とは

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地メッツ戦に「3番・DH」で先発出場。13号2ランを含む3安打3打点と躍動した。本塁打のシーンでは敵地中継局「スポーツネット・ニューヨーク」の実況席は11秒の沈黙。首位打者獲得経験のあるメッツOBの解説者は「あれだと角度がついてしまう」と嘆いた。

第3打席に13号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
第3打席に13号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

メッツの地元中継局の実況席「エンゼルス打線はついに目覚めた」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地メッツ戦に「3番・DH」で先発出場。13号2ランを含む3安打3打点と躍動した。本塁打のシーンでは敵地中継局「スポーツネット・ニューヨーク」の実況席は11秒の沈黙。首位打者獲得経験のあるメッツOBの解説者は「あれだと角度がついてしまう」と嘆いた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 敵地実況席を沈黙させる一発だった。二塁打、単打を放って迎えた第3打席。5回1死二塁、今季リーグトップタイ7勝を挙げているカラスコが投じたスライダーは真ん中からやや内角の甘いコースに。バットを振り抜くと、右中間の本塁打ラインを越えるフェンス最上部に直撃。貴重な追加点の13号2ランとなった。

 背番号17がダイヤモンドを一周すると、メッツの地元局「スポーツネット・ニューヨーク」の実況、ウェイン・ウランダッツォ氏は「トラウトとオオタニが今夜、再結合を果たしました。エンゼルスの打線はついに目覚めたようです」とこの試合から復帰し、3回に本塁打を放っていたマイク・トラウト外野手の名前を出して脱帽。そこから約11秒の沈黙が実況席を包んだ。

 沈黙を破ったのは解説を務めたキース・ヘルナンデス氏。カージナルス時代の1979年に首位打者とナ・リーグのMVPに輝いた同氏は「彼は内角に対して素早いスイングができる。唯一のミス。もう少し外角に投じるべきだった。あれだと角度がついてしまう」とカラスコの投球を嘆いた。

 この日の大谷は4打数3安打1四球3打点の大活躍。トラウトがその後2本目の本塁打を放ち、ウォルシュもサイクル安打を達成するなど、打撃陣が躍動し、11-6で打ち勝った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集