[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、右翼への二塁打で左翼手の“隠れた”好守 米称賛「生還確実と思ったが…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地メッツ戦に「3番・DH」で先発出場。13号2ランを含む3安打3打点と躍動した。初回の第1打席ではタイムリー二塁打を放ち、相手の拙守を突いて三進。その裏で、左翼手マーク・キャンハの“隠れた”好プレーに「確実に本塁に生還できると思ったが良いプレーだった」など称賛が上がった。

メッツ戦の第1打席で適時二塁打を放った大谷翔平【写真:ロイター】
メッツ戦の第1打席で適時二塁打を放った大谷翔平【写真:ロイター】

本塁突入を一瞬狙った大谷、キャンハの好プレーに阻まれる

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地メッツ戦に「3番・DH」で先発出場。13号2ランを含む3安打3打点と躍動した。初回の第1打席ではタイムリー二塁打を放ち、相手の拙守を突いて三進。その裏で、左翼手マーク・キャンハの“隠れた”好プレーに「確実に本塁に生還できると思ったが良いプレーだった」など称賛が上がった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 初回1死一塁、リーグトップタイ7勝を挙げている右腕カラスコの直球を叩いた大谷。ライナー性の打球は右中間フェンスに到達すると、中継に入った二塁手の本塁送球がワンバウンドして大きくこぼれ、一気に三塁を陥れた。さらに捕手の三塁送球も後ろに逸れると、本塁突入を一瞬狙う素振りを見せたが、左翼手のキャンハがバックアップに入っており、三塁に留まざるを得なかった。

 派手ではないが、“隠れた” 好プレー。これに気付いた米記者たちは続々と反応した。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「確実に本塁に生還できると思ったが、キャンハが良い仕事をした」と注目。メッツOBでMLB通算609登板のジェリー・ブレビンス氏は「オオタニを三塁に留めたキャンハのバックアップは(好調)メッツを物語るもの。小さなことだが大切なこと」と称賛している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集