[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、HR直後に同僚に背中から抱きつかれる 米ファン悶絶「ベラスケスになりたい」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地メッツ戦に「3番・DH」で先発出場。13号2ランを含む、3安打3打点と躍動した。5回の本塁打後のベンチでは、同僚のアンドリュー・ベラスケス内野手が目を閉じてハグ。このシーンに日米ファンから「ベラスケスになりたい」「大谷くんにパワーもらったのね」などの声が集まっている。

メッツ戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
メッツ戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷は13号2ラン含む4打数3安打の大活躍

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地メッツ戦に「3番・DH」で先発出場。13号2ランを含む、3安打3打点と躍動した。5回の本塁打後のベンチでは、同僚のアンドリュー・ベラスケス内野手が目を閉じてハグ。このシーンに日米ファンから「ベラスケスになりたい」「大谷くんにパワーもらったのね」などの声が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 これが同い年の愛なのかもしれない。5回1死二塁の第3打席、大谷は今季リーグトップタイ7勝を挙げているカラスコが投じた甘い変化球を見逃さなかった。振り抜いた打球は右中間のフェンス最上部に直撃した13号2ラン。チームに貴重な追加点をもたらし、“猛打賞”の一発となった。注目を集めたのは本塁打後のベンチでのシーンだ。

 お決まりのカウボーイハットを被された儀式の後、同じ94年生まれのベラスケスが目を閉じた穏やかな表情で、大谷の背中をハグしていたのである。米地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーター、エリカ・ウェストン氏が実際の画像を自身のツイッターに公開。米ファンからは「これが私の愛するチーム」「捕まえた」「キャー」「私はベラスケスになりたい」などの反響が寄せられた。

 ベラスケスはこの直後の6回、中堅へ4号ソロを放っており、日本人ファンからは「大谷さんのパワーもらってベラもHR打った」「大谷くんにパワーもらったのね」「この瞬間にパワーを貰ったのか…?!」「打撃センスを吸収してますね」などの声。「イギーが居なくなったと思ったら、今度はベラ助」と昨季まで在籍したホセ・イグレシアス内野手(現ロッキーズ)に次ぐ“親友”との交流に注目が寄せられた。

 この日の大谷は4打数3安打1四球3打点の大活躍。他にも主砲のトラウトが2本の本塁打、ウォルシュがサイクル安打を達成するなど、直近の14連敗が嘘かのように打撃陣が躍動し、11-6で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集