[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界しか見えないサニブラウン 9秒台が“当たり前”の米国で得た、最強のメンタル術

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08(追い風1.1メートル)で3年ぶり3度目の優勝。3位以内という世界陸上代表内定の条件を満たしたが、胸の内に満足感は皆無だった。

男子100メートル決勝で優勝し、表彰台で笑顔のサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
男子100メートル決勝で優勝し、表彰台で笑顔のサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08(追い風1.1メートル)で3年ぶり3度目の優勝。3位以内という世界陸上代表内定の条件を満たしたが、胸の内に満足感は皆無だった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 サニブラウンは日本一の称号にも簡単には喜べなかった。スタートは先行されたものの、中盤で他の選手たちと並走。中盤で先頭に立てば、もう勝負ありだった。他を寄せ付けず、3年ぶり3度目の優勝。貫録を見せたが、大粒の汗を流しながら悔しい表情を浮かべた。「いや~、ちょっとダメっすね」と第一声で苦笑い。「トップの人たちの走りは前半で置いていかれたら話にならない」と反省点が口をついた。

「(内定できて)とりあえずはって感じ。(世界陸上は)行かなきゃ話にならない。チームメートにもプレッシャーをかけられていた。普段は速い人たちとやっているので、こんなところで満足できない」

 上しか見ていない。拠点を置く米フロリダでは9秒台で走る選手がゴロゴロ。壁にぶつかった時、選手やコーチに質問した。「普段からどう模索しながら走りに繋げているのか」。返ってきたのはシミュレーションの大切さ。スターティングブロックへの入り方から細かくイメトレを繰り返し、あとは実行していく。「一本、一本楽しくやっているし、真剣に自分と闘いながらやっているよ」という答えが印象に残った。

「日々の練習がめちゃくちゃきついので、みんなは『これをやっていたら負ける気がしないな』っていうメンタリティーを持っている。そういうところを参考にしています」

 9日の日本選手権予選。朝は緊張していた。「全部マインドセットだよ」。世界の猛者たちは自分が一番だと信じ込み、レースを迎える。自身もその気概で大阪のトラックに現れた。故障が影響した昨年王者の多田修平らが準決勝で敗退。波乱が起きる中、今季日本勢最高の10秒04をマークし、参加標準記録を突破してみせた。

「トップ選手はメンタリティーから違う。私生活でもそうですし、学ぶことがある。日々、一緒に練習していて感じます。ブロック練習をしているのも自分より速いので楽しいですし、本当に毎日いろいろと発見しながら和気あいあいとやっています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集