[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前年王者の多田修平、まさかの準決敗退の原因「怖さがあって踏み込めず、空回りに…」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、2組に登場した前年王者の多田修平(住友電工)が10秒41の組5着、前年2位のデーデー・ブルーノ(セイコー)が組3着の10秒25(無風)でまさかの敗退となった。3組に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒04(追い風0.8メートル)で全体1位。世界陸上参加標準を突破した。

準決勝2組で5着に終わり、しゃがみこむ多田修平【写真:奥井隆史】
準決勝2組で5着に終わり、しゃがみこむ多田修平【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権が開幕

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、2組に登場した前年王者の多田修平(住友電工)が10秒41の組5着、前年2位のデーデー・ブルーノ(セイコー)が組3着の10秒25(無風)でまさかの敗退となった。3組に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒04(追い風0.8メートル)で全体1位。世界陸上参加標準を突破した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2組に登場した多田は得意のスタートから伸びを欠き、10秒41で組5着となった。10秒25で3着だったデーデーとともに準決敗退に。左太もも裏の肉離れで5月のセイコー・ゴールデンGPを欠場しており、レース後は「体自体は正直、万全じゃない状態で挑んだ大会。それを言い訳にしてもしょうがない。怪我を負ってでも10秒0台、世界に通用しないと意味がない。この結果は残念だけど、次に向けてステップアップできたらいい」と話した。

 コンディションについては「練習では走れていた部分はあるけど、試合では高出力になると違和感があったり、ハムを使わない状態で走ってしまったので、そこは反省点。もっともっとケアも気を付けていかないといけない」とした一方で「走りのなかでちょっと痛みが出てしまったり、違和感もあったりするけど、怖さがあって踏み込めない部分があり、空回りの走りになった。そこが今の走りの遅さの原因なのかなと思います」と敗因を明かした。

 世界陸上代表も厳しくなり、本人は「世界選手権は無理なのでしっかり休んで、また自分の走りを一から見直して。あくまで目標はパリ五輪なので、そこに向けた過程という段階として認識していければいい」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集