[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児カシメロが懲りずに遠吠え ドネアの敵討ちに立候補「心配するな、復讐するぞ」

ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦(7日・さいたまスーパーアリーナ)は井上尚弥(大橋)が2回TKO勝ち。難敵ノニト・ドネア(フィリピン)を下して日本人初の3団体統一を成し遂げた。4団体統一に一歩前進したが、戦う土俵にすらいない前WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は「ドネアよ、心配するな。復讐するぞ」と懲りずに遠吠えしているという。母国メディアが報じている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

王座奪還の機会をWBO会長に懇願も

 ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦(7日・さいたまスーパーアリーナ)は井上尚弥(大橋)が2回TKO勝ち。難敵ノニト・ドネア(フィリピン)を下して日本人初の3団体統一を成し遂げた。4団体統一に一歩前進したが、戦う土俵にすらいない前WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は「ドネアよ、心配するな。復讐するぞ」と懲りずに遠吠えしているという。母国メディアが報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ドネアを相手に圧勝した井上。4団体統一に期待がかかる中、フィリピンの地元メディア「GMAニュースオンライン」は「ジョンリエル・カシメロが王者ナオヤ・イノウエに挑戦状『オレ以外に勝てる奴はいない』」と題した記事を掲載。カシメロが自身のYouTubeチャンネルで叩きつけた井上への挑戦状を紹介している。

 記事によると、カシメロは「勝者と敗者に別れる。それがボクシングだ。ドネアは勝つために最善を尽くした」と同胞のドネアを労った上で「ドネアよ、心配するな。復讐するぞ。フィリピン人たちはドネアに起きたことのために戦うんだ」と仇討ちを誓っていたという。

 現在は王座を持っておらず、度重なる試合中止など素行問題も頻発。現状、井上と戦える可能性は限りなく低いが、フィリピンの地元紙「セブ・デイリー・ニュース」によると、カシメロはWBOのフランシスコ・バルカルセル会長にWBO王座奪還の機会を与えるようフェイスブックで懇願したという。

 ただ、WBO王者ポール・バトラーは、所属する興行会社「プロベラム」を通じて「日本で試合をしたい。そう願わなければ愚か者だと思う」とコメントを発表。井上との4団体統一戦を熱望しており、カシメロには目もくれていない。

 カシメロは井上と2020年に試合を行う予定だったが、新型コロナ禍の影響で中止に。その後、自身のSNSで井上を散々挑発するなど、物議を醸した。ドネアとも21年に拳を交える予定だったが、カシメロがドーピング検査拒否を示唆したことを引き金に、ドネアが試合をキャンセル。今年4月にはバトラーを相手に5度目の防衛戦が予定されていたが、規律違反により試合は中止となり、正規王座を剥奪されていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集