[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「早く練習したい」 衝撃264秒TKOから一夜明け会見「まだ強くなりますよ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が8日、ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜はさいたまスーパーアリーナで2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。ファンを熱狂させた試合を振り返り、アジア人初の4団体統一の偉業を見据えた。

一夜明け、笑顔で会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
一夜明け、笑顔で会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥が一夜明け会見

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が8日、ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜はさいたまスーパーアリーナで2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。ファンを熱狂させた試合を振り返り、アジア人初の4団体統一の偉業を見据えた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 衝撃の圧勝劇から一夜、井上が想いを語った。傷一つない爽やかな顔で会見。試合後は映像を見返すなどして過ごしたが、今何をしたいか問われると「練習がしたいですね。まぁ休みたいのと半々です。本当に練習したい気持ちもあるし、次へのモチベーションも高いし、この感覚のまま練習に入りたい。今日からでも練習再開は可能な体」と笑った。

 試合は初回のゴング直後、ドネアの左フックを右目付近に受けてスイッチオン。終了間際に右クロスをテンプルにぶち込み、最初のダウンを奪った。2回には強烈な左フックを当て、ロープ際で猛攻。反撃を試みる相手に再び左フックを入れ、ぐらりと膝を折らせた。連打でコーナーに追いつめ、とどめの一発も左フック。2度目のダウンを奪い、ライバルを大の字に倒し切った。

「100点をつけられる内容。初回にダウンを奪った右は流れで出たパンチ。2回はドネアのカウンターに気をつけながら冷静にいけた。常々、父に行き急ぐな、打ち終わりに気をつけろと言われていた。昨日の映像を見ても凄く気をつけながらできていた。練習で染みついていたものを出せた」

 2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来、2年7か月ぶりの再戦。陣営の大橋秀行会長や父・真吾トレーナーは、試合1か月ほど前から抱えていた軽度の故障を心配していた。しかし、蓋を開ければモンスターの完勝。世界に衝撃を走らせる内容だった。

「今回はベストバウトだった。それだけ動きもよかった。体力的にも、精神的にもダメージを負わずにやれた。イメージを消さないように早く練習をやりたい」

 世界で過去8人、アジア人では初の主要4団体統一まであと1つ。ターゲットはドネアと同じ興行会社「プロベラム」に所属するWBO王者ポール・バトラー(英国)だ。年内開催を目指すが、難航すれば1階級上のスーパーバンタム級のベルトを狙う方針。同級にはWBAスーパー&IBF王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)、WBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米国)の両統一王者が君臨している。

 井上はひとまず休養に入り、状態を見ながら練習を再開する。「このバンタム級で本当のNo.1を目指したい。階級を早く上げろという人もいるけど、自分の価値を上げてスーパーバンタム級に上がりたい。自分の価値を高める。バンタム級統一を第一目標にしたい。まだ強くなりますよ。ピークではない」と力強かった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集