[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、難敵ドネアをたった264秒で瞬殺 SNS衝撃「え、もう終わった」「バケモン」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。わずか264秒で決着。ツイッター上のファンも衝撃を受けており「え、もう終わった」「バケモン」と続々と投稿されていた。

ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。わずか264秒で決着。ツイッター上のファンも衝撃を受けており「え、もう終わった」「バケモン」と続々と投稿されていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 井上は布袋寅泰の生パフォーマンスで入場。約1万7000人の大観衆は大いに盛り上がった。緊張感が充満する中、開演のゴング。初回終了間際に井上の右ストレートが左テンプルを貫いた。ドネアはたまらずダウン。これは何とか立ち上がり、初回終了のゴングが鳴った。

 2回、井上が左フックを浴びせてぐらつかせた。ロープに追い詰めて猛攻。反撃に出るドネアに左ボディーを入れ、さらにダメージを与えた。最後は猛ラッシュ。2度目のダウンを奪い、早々に決着した。衝撃の展開に観衆は立ち上がって大熱狂。井上はコーナーに上がって歓声に応え、ドネアと抱擁を交わした。会場からはドネアコールも沸き上がり、敗者を称えた。

 12ラウンドの激闘となった2019年の対戦から一転、開始264秒でドネアを駿殺。ツイッター上のファンも驚きを隠せない。「井上尚弥エグすぎ」「バケモンかよ笑」「ドネア弱くないんだぞ…怖いくらい井上が強い」「どんな強さだよ、、、」「もう敵無しやな」「今日の井上くん、過去一強くない?」「この世のものとは思えない速さ、強さ」「布袋の前説より早く終わったんじゃね?」「相手はあのドネアだよ?」「え、もう終わった」などと書き込まれていた。

 ドネアを圧倒した井上はWBAは7度目(正規王座を含む)、IBFは5度目の防衛に成功し、自身の持つ日本人の世界戦連勝記録を「18」に更新。日本人に馴染み深いWBCのバンタム級王座を奪い、4団体統一の偉業に王手をかけた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集