[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バレー日本、No.1米国も屈した“35秒の粘り”に海外称賛「日本は戦いを心得てる」

バレーボールのネーションズリーグ女子は5日(日本時間6日)、米ルイジアナ州ボージャー・シティなどで1次リーグが行われ、世界ランク7位の日本は同1位の米国と対戦。3-0で勝利し、開幕4連勝を飾った。東京五輪金メダルの相手にストレート勝ち。ネーションズリーグ公式は、粘りの姿勢に注目。約35秒のラリーを制し、海外ファンからも「日本のディフェンスが全て」「決して諦めない」と称賛されている。

主将の古賀紗理那(写真は2018年)【写真:Getty Images】
主将の古賀紗理那(写真は2018年)【写真:Getty Images】

ネーションズリーグで日本は4連勝

 バレーボールのネーションズリーグ女子は5日(日本時間6日)、米ルイジアナ州ボージャー・シティなどで1次リーグが行われ、世界ランク7位の日本は同1位の米国と対戦。3-0で勝利し、開幕4連勝を飾った。東京五輪金メダルの相手にストレート勝ち。ネーションズリーグ公式は、粘りの姿勢に注目。約35秒のラリーを制し、海外ファンからも「日本のディフェンスが全て」「決して諦めない」と称賛されている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界1位を相手に、固い守備も見せた。2セットを先取して迎えた第3セット。井上愛里沙のスパイクがブロックにかかり、相手のチャンスに。ここから日本は、フェイントも交えた米国の攻めに何とか耐えて攻撃につなげる。互いに譲らず、関菜々巳、古賀紗理那が飛びついて拾ったボールを活かし、最後は井上が得点。35秒に渡るラリーを制した。

 実際の映像を公開したネーションズリーグ公式インスタグラムは「このメガラリーについてどう思う?」と文面で問いかけた。海外ファンからは「日本のディフェンスが全て」「日本は身長の高いチームとの戦い方を心得ている」「モットーは“決して諦めない”」「素晴らしい仕事ぶり」「日本は完璧」「日本はアメージング」などとコメントが集まった。

 日本は主将の古賀と井上が両軍最多の19点を挙げる躍動。出場16か国中唯一の4連勝とした。次戦は14日にポーランドと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集