[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「お前がエースだぞ」 Bリーグ新人賞の23歳・西田優大、覚醒導いた三河HCの言葉

6月3日、Bリーグの年間表彰式「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22」が行われ、最優秀新人賞にシーホース三河の西田優大が輝いた。

最優秀新人賞に輝いたシーホース三河の西田優大【写真:B.LEAGUE】
最優秀新人賞に輝いたシーホース三河の西田優大【写真:B.LEAGUE】

Bリーグの6代目新人賞を受賞、三河からは通算3人目

 6月3日、Bリーグの年間表彰式「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22」が行われ、最優秀新人賞にシーホース三河の西田優大が輝いた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今季三河に加入した西田は全53試合に先発。武器であるドライブと3Pシュートから平均11.6得点を挙げる安定した活躍を見せ、シーズン中に何度もキャリアハイを塗り替えた。ディフェンスでも相手のエース封じを任され、攻守両面で存在感を発揮した。

「今シーズンは僕自身、新人賞を一つの目標に頑張ってきたので、この賞を取れたことをすごくうれしく思いますし、この賞を取れたのは皆さまの応援があったからだと思うので、本当に感謝しています。こうやって僕たち若い世代が頑張ることでBリーグ、また日本のバスケを盛り上げることができたらと思っています。これからはまた違う形で、このアワードに呼んでいただけるように頑張ろうと思うので、これからも西田優大をよろしくお願いします」

 壇上で堂々と受賞の喜びを語った西田だが、実は「めちゃくちゃ緊張していました」とTHE ANSWERの単独インタビューで明かした。「新人賞の名前を呼ばれた瞬間は、心臓の音が自分でも分かるくらいに緊張していて。(コメントも)ざっくり何を言おうか考えていたんですけど、いざマイクの前に立つといろいろ飛んじゃうこともありました」と23歳は初々しさをのぞかせた。

 三河は過去5シーズンに岡田侑大、熊谷航(ともに信州ブレイブウォリアーズ)と、2人の新人賞受賞者を輩出している。無論、本人の努力が前提ではあるが、「若手がのびのびプレーし、それをベテランがサポートする」というチームの伝統も若き才能の覚醒をバックアップしている。

 西田も「ミスしてもいいからどんどんやりなさいというコーチの方針やチームメートの声がけがあったので積極的にプレーできた。三河だったというのはけっこう大きかった」と話す。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集