[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平にフィリーズ守備陣が取った作戦 米実況席も思わず吹き出す「かなり極端だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地フィリーズ戦に「2番・DH」で出場。5打数1安打で、チームは7-9のサヨナラ負けを喫し6年ぶりの11連敗となった。大谷が4回に二塁打を放つ直前、米国の中継放送では実況席から笑いが漏れるシーンも。相手の作戦に「かなり極端」と注目していた。

4回に二塁打を放ち、一塁へ向かう大谷翔平【写真:ロイター】
4回に二塁打を放ち、一塁へ向かう大谷翔平【写真:ロイター】

フィリーズ戦で二塁打を放つもチームはサヨナラ負け

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地フィリーズ戦に「2番・DH」で出場。5打数1安打で、チームは7-9のサヨナラ負けを喫し6年ぶりの11連敗となった。大谷が4回に二塁打を放つ直前、米国の中継放送では実況席から笑いが漏れるシーンも。相手の作戦に「かなり極端」と注目していた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 4回無死一塁、大谷の第2打席。相手先発ギブソンが内角に投じた変化球を引っ張り、右翼線へ強烈な二塁打を放った。この直前、米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席では、フィリーズが取ったある作戦に注目していた。

 内野陣は遊撃手ストットが二塁ベースやや左に守り、三塁手ベームはなんと一塁手と二塁手の間、外野の芝生のすぐ前に位置していた。三塁側はほぼガラ空き。バントをすればかなりの高確率でヒットになってしまいそうだ。

 実況のマット・バスガーシアン氏は「かなり極端なシフトです。全員が右側にいます」と話し、解説のマーク・グビザ氏とともに思わず笑い声を漏らしていた。直後に大谷がシフトも関係なく二塁打を放つと、グビザ氏は「10本目の二塁打。難しい球です。ギリギリバットを振れる位置で捉え、コーナーに運びました」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集