[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

尾川堅一からベルト奪った勝者 試合後の紳士的行動に海外称賛「一流の振る舞いだ」

ボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(帝拳)が4日(日本時間5日)、同級3位のジョゼフ・コーディナ(英国)と対戦。2回KO負けを喫し、初防衛に失敗した。試合後、コーディナは尾川の控室を訪れ、ベルトを返還。戦いを労った。勝者の紳士的な行動に海外ファンから「大きなリスペクト」「一流の振る舞いだ」などの称賛の声が集まっている。

IBF世界スーパーフェザー級王者の尾川堅一は初防衛戦で2回KO負けを喫した【写真:Getty Images】
IBF世界スーパーフェザー級王者の尾川堅一は初防衛戦で2回KO負けを喫した【写真:Getty Images】

新王者・コーディナが試合後、尾川の控室を訪れてベルトを返還

 ボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(帝拳)が4日(日本時間5日)、同級3位のジョゼフ・コーディナ(英国)と対戦。2回KO負けを喫し、初防衛に失敗した。試合後、コーディナは尾川の控室を訪れ、ベルトを返還。戦いを労った。勝者の紳士的な行動に海外ファンから「大きなリスペクト」「一流の振る舞いだ」などの称賛の声が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 挑戦者の母国・英国で行われた完全アウェーの一戦。尾川は2回に捕まった。強烈な右ストレートを食らうと、キャンバスに大の字に倒れこんだ。そのままカウントアウトとなり、初防衛に失敗。海外ファンからは「センセーショナル」「閃光のようなKO」などの声が集まるほどの衝撃的な右だった。

 劇的KOに注目が集まった試合だったが、試合後のシーンも脚光を浴びている。新王者・コーディナは尾川の控室を訪れ、ベルトを返還したのである。さらに言葉や抱擁を交わし、互いの健闘を称え合った。英興行大手「マッチルーム」ツイッターが実際の光景を画像で公開している。

「ジョセフ・コーディナがケンイチ・オガワのIBF世界タイトルを返還 新しいベルトは近日中にウェールズの魔術師(コーディナ)に送られる」と文面に記された投稿には海外ファンも反応。「“2人”の王者によるとてつもなく大きなリスペクト」「品格がある」「リスペクト」「まさしく極上。2人の勇者」「時々このスポーツが大好きになる」「スポーツマンシップ」「一流の振る舞いだ」などの称賛コメントが集まった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集