[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「感動的だ」 全仏V王手ナダル、ライバル棄権で取った行動に海外称賛「レジェンド」

テニスの全仏オープン男子シングルス準決勝が3日に行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)が14度目の大会制覇に王手をかけた。アレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)から第1セットを7-6で先取し、6-6の第2セット途中に相手が右足首負傷で途中棄権。ナダルが“気遣い”を見せた動画を欧州メディアが公開すると、海外ファンから「感動的なシーン」と注目を浴びた。

全仏オープン男子シングルスで決勝進出を決めたラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
全仏オープン男子シングルスで決勝進出を決めたラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

対戦相手が負傷棄権、ナダルが取った行動とは

 テニスの全仏オープン男子シングルス準決勝が3日に行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)が14度目の大会制覇に王手をかけた。アレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)から第1セットを7-6で先取し、6-6の第2セット途中に相手が右足首負傷で途中棄権。ナダルが“気遣い”を見せた動画を欧州メディアが公開すると、海外ファンから「感動的なシーン」と注目を浴びた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ナダルの人柄が表れた。治療からコートに戻ってきたズべレフ。松葉杖で歩く姿の隣には、ナダルが寄り添っていた。ゆっくりとスピードを合わせ、一緒に審判のもとへ。棄権を告げたライバルと抱擁し、頬を叩いて慰めたようだ。会場はスタンディングオベーション。万雷の拍手が降り注いだ。

 一連の動画を公開したのは、欧州衛星放送「ユーロスポーツ」公式インスタグラム。「アレクサンダー・ズベレフが棄権したので、準決勝はすぐ終わった。ナダルにとって14度目の全仏決勝となった」と文面で紹介した。海外ファンからは「ラファはレジェンドだ」「ラファがエスコートしている」「感動的なシーン」と称賛の声が上がったほか、「早く良くなって戻ってきてね」「胸が張り裂けそうな光景」「残念だ。可哀相」とズべレフを労わるコメントが相次いだ。

 全仏ではひと際強さを誇るナダルは2年ぶり14度目の優勝へ、5日の決勝でキャスパー・ルード(ノルウェー)と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集