[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング3団体王者が体重超過の失態 全裸計量に海外批判「恥ずかしい」「髪切れ」

ボクシングの世界ライト級(61.2キロ以下)4団体王座統一戦が5日、オーストラリア・メルボルンで行われる。4日は前日計量が行われたが、WBAスーパー&IBF&WBO王者ジョージ・カンボソスJr.(オーストラリア)が135.36ポンド(約61.4キロ)でリミットを0.2キロ上回る体重超過。全裸計量の画像を米メディアが公開すると、海外ファンから「恥ずかしいこと」と批判の声が上がった。対戦相手のWBC王者デビン・ヘイニー(米国)は134.92ポンド(約61.19キロ)でクリアした。

WBAスーパー&IBF&WBO王者ジョージ・カンボソスJr.【写真:Getty Images】
WBAスーパー&IBF&WBO王者ジョージ・カンボソスJr.【写真:Getty Images】

ジョージ・カンボソスJr.が0.2kg超過

 ボクシングの世界ライト級(61.2キロ以下)4団体王座統一戦が5日、オーストラリア・メルボルンで行われる。4日は前日計量が行われたが、WBAスーパー&IBF&WBO王者ジョージ・カンボソスJr.(オーストラリア)が135.36ポンド(約61.4キロ)でリミットを0.2キロ上回る体重超過。全裸計量の画像を米メディアが公開すると、海外ファンから「恥ずかしいこと」と批判の声が上がった。対戦相手のWBC王者デビン・ヘイニー(米国)は134.92ポンド(約61.19キロ)でクリアした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 3つのベルトを持つ王者が失態を犯した。カンボソスJr.は最初にパンツ姿で計量台へ。しかし、クリアはできず“全裸”で臨んだ。関係者が下半身をタオルで覆い隠したものの、0.2キロオーバー。2時間の猶予が与えられた末、134.49ポンド(約61.0キロ)でパスした。

 1度目の計量時の画像を公開した米スポーツ専門局「ESPN」のボクシング専門ツイッターは、「ジョージ・カンボソスJr.の体重は135.36ポンドで、ライト級の制限をわずかに上回っていた」と説明。結果的にクリアしたものの、超過直後の海外ファンからは「10分自転車に乗ればいいよ」「恥ずかしいこと」「髪を切れ」「プロフェッショナルじゃないね」「哀れだ」「彼にとって大きな試合なのに体重を作れないとは」と批判的な声が相次いだ。

 カンボソスは元同級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との初防衛戦を行う予定だった。しかし、ロシアのウクライナ侵攻により、ロマチェンコが軍隊入り。試合を辞退したため、ヘイニー戦となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集