[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

単独首位の小祝さくら、9か月ぶりV目前でもマイペース 最終日は「-5を目標にしたい」

女子ゴルフの国内ツアー・リゾート トラストレディス第3日が28日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。前日悪天候で第2ラウンド(R)を持ち越した59人からプレー。その後の第3Rは、2位で出た小祝さくら(ニトリ)が9バーディー、1ボギーの大会コース記録タイの64で回り、通算16アンダーで単独首位に浮上。9か月ぶりのツアー通算7勝目に王手をかけた。2打差の2位はサイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)。

第3日をプレーする小祝さくら【写真:Getty Images】
第3日をプレーする小祝さくら【写真:Getty Images】

リゾートトラストレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・リゾート トラストレディス第3日が28日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。前日悪天候で第2ラウンド(R)を持ち越した59人からプレー。その後の第3Rは、2位で出た小祝さくら(ニトリ)が9バーディー、1ボギーの大会コース記録タイの64で回り、通算16アンダーで単独首位に浮上。9か月ぶりのツアー通算7勝目に王手をかけた。2打差の2位はサイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

「1日4アンダー」を目標にしていた小祝が、1ラウンドで8つスコアを伸ばした。上位がバーディー合戦を繰り広げる中でも頭一つ抜け出した。

「今日はよくパットが入ってくれました。昨日までラインを深く読み過ぎていたので、それを修正できて良かったです。途中で(目標の)4アンダーになっても、周りが伸ばしてハイスコア合戦になっていたので、『まだ自分も伸ばさなければ』という思いでした」

 一方で好調だったドライバーショットが左に曲がり始め、不安が残ったという。それでも大会前に決めた「左に振り切るスイング」はやり通した。4番パー4の第1打は左斜面についたが、極端なつま先下がりの第2打も左に振り切った。

「体の軸を保っていれば、ああいう状況でもシャンクは出ないので、しっかりと左への出球を意識しました」

 ピンチを2オン2パットのパーでしのぎ、バーディー量産につなげた。さらに最終18番パー5でもスコアを伸ばした。

 2位と2打差。昨年8月のCATレディース以来となる通算7勝目に王手をかけた。小祝は「ピンの手前につけるマネジメントを徹底して、5アンダーを目標にしたいです。それで優勝できなければ仕方ないです」と先を見据えた。来週は全米女子オープン出場するため、プロデビュー以来の連続出場試合は「142」で止まる。気持ち良く海を渡りたいところだ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集