[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「このままでは終わる」 予選落ち続きの河本結、弟の指導で4位復調「苦しむ私を…」

女子ゴルフの国内ツアー・リゾート トラストレディス第3日が28日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。前日悪天候で第2ラウンド(R)を持ち越した59人からプレー。その後の第3Rは、19位で出た河本結(リコー)が1イーグル、4バーディー、ボギーなしの66で通算10アンダーの4位。今季初めて最終日に上位争いに加わった。

通算10アンダーの4位で第3Rを終えた河本結【写真:Getty Images】
通算10アンダーの4位で第3Rを終えた河本結【写真:Getty Images】

リゾートトラストレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・リゾート トラストレディス第3日が28日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。前日悪天候で第2ラウンド(R)を持ち越した59人からプレー。その後の第3Rは、19位で出た河本結(リコー)が1イーグル、4バーディー、ボギーなしの66で通算10アンダーの4位。今季初めて最終日に上位争いに加わった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 河本は計27ホールをプレーした。第2Rの残り9ホールでは1バーディー。ボギーは一日を通して1つもなく、「一打、一打向き合った結果です。100%、100点です」と言葉に力を込めた。

 2020年から米女子ツアーに参戦したが、昨年5月のリゾート トラストレディスから国内女子ツアーに復帰。だが、スイング改造で迷路にハマった。オフは「元の自分に戻す」と決意。1日10時間の練習に取り組んだが、不振のまま今季に突入した。開幕から5戦4度の予選落ち。プライドを捨て、4月から国内男子ツアールーキーの弟・力に指導を頼んだという。

「このままでは終わるという切羽詰まった状態でした。弟も私が苦しんでいるのを側で見ていたので、100%で向き合ってくれました。言われたのは、『インパクトゾーンは長く、フォローは短く』です。それから調子が戻って、予選落ちがなくなりました。(指導ができる)弟のことは嬉しいですし、『大きくなったな』という感じです(笑)」

 復活の手応えをつかんだ河本は、自身のテンションを高めながらプレーしていることも明かした。

「自意識過剰かもしれませが、『私が上にいないと盛り上がらないでしょ』という思いでいます。こうして記者の方に囲まれるもの久しぶりですし、やっとここまで戻れたという感じです」

 目指してきたスイング改造は、弟の助言によって完成形に近づいているという。約3年ぶりのツアー通算2勝目に向けて「自信はない」と言ったが、「ここから実績を築いていきます。明日も100%、一打、一打に向き合います」と気持ち奮い立たせた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集