[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米プロ優勝者のアプローチを阻むまさかの障害物 米ファン驚き「彼は駐車場にいる」

米男子ゴルフのチャールズ・シュワブチャレンジは26日、米テキサス州・コロニアルCC(7209ヤード、パー70)で開幕した。先週の全米プロを制したジャスティン・トーマス(米国)は1オーバー、57位タイでのスタートとなったが、8番パー3ではまさかの位置から第2打を放ち話題に。米ファンからは「彼は駐車場にいる」「この面白いアイデアは誰が考えたの?」などと反響が集まっている。

6番でショットを放つジャスティン・トーマス【写真:AP】
6番でショットを放つジャスティン・トーマス【写真:AP】

全米プロで優勝したトーマスのショットが話題

 米男子ゴルフのチャールズ・シュワブチャレンジは26日、米テキサス州・コロニアルCC(7209ヤード、パー70)で開幕した。先週の全米プロを制したジャスティン・トーマス(米国)は1オーバー、57位タイでのスタートとなったが、8番パー3ではまさかの位置から第2打を放ち話題に。米ファンからは「彼は駐車場にいる」「この面白いアイデアは誰が考えたの?」などと反響が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 まさかの障害物を避けてのアプローチを放った。8番パー3、トーマスは第1打を左に曲げてしまうミス。ボールとグリーンの間には、なんと展示されていたピカピカの新車が2台も置かれていた。グリーンを狙った第2打で、トーマスは2台の間を通すようにアプローチ。グリーン手前に落ちてしまったが、高く打ち上げられたため車に当たる心配はなかった。

 実際の映像をPGAツアー公式ツイッターが公開。「この車たちのせいでソワソワしてしまう」と文面に記すと、「俺ならどちらか1台を壊してしまう」「この面白いアイデアは誰が考えたの?」「(笑)」「彼は駐車場にいる」「私なら1打でぶつける」などと米ファンからコメントが集まった。

 このホールはボギーとしたトーマス。初日は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で回った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集