[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBでまた“誤審” 真ん中付近の「枠内ボール」に米困惑「えっ???」「酷い判定だ」

25日(日本時間26日)の米大リーグの試合で、またも微妙なボール判定が米ファンの間で話題になった。パドレス―ブルワーズ戦の出来事に米投球分析家が注目。「酷い判定だね」「最後捕手も振り向いてる」とコメントが集まった。

ブルワーズのルイス・ペルドモ【写真:ロイター】
ブルワーズのルイス・ペルドモ【写真:ロイター】

投球分析家も「ボール(笑)」と呆れ気味

 25日(日本時間26日)の米大リーグの試合で、またも微妙なボール判定が米ファンの間で話題になった。パドレス―ブルワーズ戦の出来事に米投球分析家が注目。「酷い判定だね」「最後捕手も振り向いてる」とコメントが集まった。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 6回2死一塁のパドレスの攻撃。ブルワーズ投手のペルドモが94マイル(約151.2キロ)のシンカーを投げ込んだ。ボールは画面に表示されたストライクゾーンの枠内を通過。真ん中低めに決まったと表示された。

 しかし、球審の手は上がらずボールの判定。一塁走者を牽制する動きを見せていた捕手ナルバエスだが、判定に驚いたのか振り向き、球審の顔を見つめるようにしていた。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、実際の投球映像をツイッターに公開。文面には「ボール(笑)」と呆れ気味に記した。

 MLBでは“誤審”が今季度々話題となっている。ストライク・ボールに関する判定が物議になることも多いが、今回の映像に米ファンからは「恥だ」「オーマイガー!」「酷い判定だね」「最後捕手も振り向いてる」「哀れだな」「球審の言い分は何だろう」「おいおい」「??? えっ」などとコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集