[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、あわや転倒も同点ホームイン 本人苦笑いに米記者「彼はウケていたようだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席で四球を選ぶと二盗に成功。4番のアンソニー・レンドン内野手の左前適時打で生還した。三塁ベースを踏んだ際に、バランスを崩して転倒しそうになる一幕も。本人も苦笑いのシーンを、米記者は「彼はウケていたようだ」と伝えた。

同点のホームを踏み、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
同点のホームを踏み、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席で四球を選ぶと二盗に成功。4番のアンソニー・レンドン内野手の左前適時打で生還した。三塁ベースを踏んだ際に、バランスを崩して転倒しそうになる一幕も。本人も苦笑いのシーンを、米記者は「彼はウケていたようだ」と伝えた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 こけかけた。0-1の初回、第1打席で四球を選び、続くトラウトの打席で今季7つ目の盗塁に成功した大谷。2死後、レンドンの左前打で一気に本塁を狙った。しかし、三塁ベースを踏んだところでバランスを崩し、転倒しそうに。なんとか両手も使ってバランスをとり、無事に滑り込んで同点のホームを踏んだ。

 この一幕について、AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ショウヘイ・オオタニが四球、二盗からアンソニー・レンドンの安打の間に、三塁で転びそうになりながらも得点。ショウヘイは怪我無さそうだが、彼はウケていたようだ」とツイッターで速報。苦笑いを浮かべていた大谷の様子をレポートしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集