[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「ゴルフの内容も最低。10点」 6か月ぶり国内参戦、初日は不本意な「74」

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕した。米女子ツアーを主戦場とし、今大会が今季国内初戦の渋野日向子(サントリー)は、2バーディー、4ボギーの74で2オーバー。ショット、パットともに不本意な出来で、会見では「欲に負けた。ゴルフの内容は最低、10点です」と表現した。以下、一問一答。

ブリヂストンレディス初日、2オーバーでホールアウトした渋野日向子【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディス初日、2オーバーでホールアウトした渋野日向子【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス初日

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕した。米女子ツアーを主戦場とし、今大会が今季国内初戦の渋野日向子(サントリー)は、2バーディー、4ボギーの74で2オーバー。ショット、パットともに不本意な出来で、会見では「欲に負けた。ゴルフの内容は最低、10点です」と表現した。以下、一問一答。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

――昨年11月以来、6か月ぶりの日本でのプレー。大勢のギャラリーがついていました。

「あんだけたくさんの前でゴルフするのは初めてで、緊張感がありました。スタートホールに向かう時の拍手はうれしかったですが、応援を力に変えられず、残念でした」

――いいプレーができなかった要因は。

「10番スタートで短いのが入らず、3~5メートルのパットが入らずでした。ボギーが先に来て、自分の思ったショットが打てなかったり、外しちゃいけんところに外してしまいました。そういうところで、スコアがつくれなかった感じです」

――大勢のギャラリーでプレッシャーは。

「プレッシャーはなかったですが、緊張した感じはありました。アメリカにもギャラリーはいますが、これだけ大勢なことはないので。ただ、いいところを見せたいというのはなかったです」

――テーマにしていた「欲との闘い」については。

「(グリーンの)奥に外しちゃいけんのに外しました。ピンの手前10メートルでもいいという気持ちがなかなか持てなかったです。そういうマネジメントと思いながら、チャンスにつけたいと思ってしまった。欲に負けました。ゴルフの内容も最低。10点ぐらいでした」

――欲とマネジメントで決め切れずに打ったホールは。

「それはなかったですね。打つ前に中途半端な感じで打ったのはない分、ええかな~と思います」

――9番パー5の第2打で直ドラ(ティーを使わないドライバーショット)を回避した理由は。

「ちょっと、ボールは沈んどる感じだったので、ドライバーだとリスクがあると思い、自信を持って振れる3番ウッドに替えました」

――第2日に向けては。

「この位置にいてしまうと、攻めるしかないのですが、徹底したマネジメントをやるしかないと思っています。と、決めてはいますが、明日になると無理かもしれません(笑)。最近は、調子よくない感じで、気持ちとゴルフがいい風に向き合えていない感じなので、それができたらと思います」

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集