[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

CS逃したバスケ三河、40歳ベテランが涙したワケ “常勝”復活へ、来季も試される育成力

40歳のベテランの目は潤んでいた。

主力としてチームを牽引し続けたシーホース三河の40歳PG柏木真介【写真:B.LEAGUE】
主力としてチームを牽引し続けたシーホース三河の40歳PG柏木真介【写真:B.LEAGUE】

B1最終節で川崎に連敗、CS進出を逃し柏木真介は無念の涙

 40歳のベテランの目は潤んでいた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 バスケットボールB1リーグの2021-22レギュラーシーズン最終戦。自力でのチャンピオンシップ(CS)出場の可能性を残すシーホース三河は、東地区優勝がかかった川崎ブレイブサンダースをホームに迎え撃ったが、第1戦を59-85、第2戦を76-91と連敗してCS出場を逃した。

 試合後に行われたサンクスセレモニーで柏木真介は、「CS出場に向けて、チームとして最後の最後までチャレンジしたんですけど、皆さんの期待に応えることができず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と言葉を詰まらせた。

「やっぱりCSに出たかったという気持ちが強かったですし、いろいろな思いもあって。(試合が)終わった後は全然泣くとかそんな感じはなかったんですけど、ブースターの前に出た時にね、込み上げてくるものがありました。最後にホームでたくさんのファンの前でプレーして、決めたかったなという思いが一番強かったので」

 ミックスゾーンで取材に応じる際にも、ブースターという言葉を口にしたところで、再び目に涙が溢れた。

 柏木は2006~17年までの11シーズンをシーホース三河で過ごし、4度のリーグ優勝、5度の天皇杯優勝に貢献した『常勝軍団』の中心選手。昨季、新潟アルビレックスBBからBリーグになって以降タイトルから遠ざかっている古巣に復帰し、「『常勝軍団』と言われたチームを、もう一度その位置まで戻すこと」が自分の使命だと語っていた。

 JBLやNBL時代から通算13シーズン、ともに戦ってくれるファン・ブースターへの感謝と謝罪。使命を果たせなかったという責任感。若い選手にCSの舞台を経験させてあげたかったという親心。さまざまな気持ちが、その目の光に凝縮されていた。

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集