[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳ルーキーが見せた169キロシンカーの衝撃拡大 MLBも仰天「見たことのない何か…」

米大リーグ、カージナルスのルーキー、ジョーダン・ヒックス投手はルーキーにして、すでに新たな“速球王”としての地位を確固たるものにしている。20日のフィリーズ戦にリリーフ登板し、MLB最速となる105マイル(約169キロ)を計測。しかも強烈に変化していたことが大きな話題となっていた。

ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

カージナルスのルーキー、ヒックスが計測した169キロが話題沸騰

 米大リーグ、カージナルスのルーキー、ジョーダン・ヒックス投手はルーキーにして、すでに新たな“速球王”としての地位を確固たるものにしている。20日のフィリーズ戦にリリーフ登板し、MLB最速となる105マイル(約169キロ)を計測。しかも強烈に変化していたことが大きな話題となっていた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 MLB公式サイトでも、ヒックスの衝撃の169キロにスポットライトを当てている。

 8回途中から2番手としてマウンドに上がったヒックス。9回2死、走者なしの場面でとんでもないボールを右腕から投じた。フィリーズの3番・ヘレラの初球に104マイル(約167キロ)を計測。さらに2球目だ。打者から離れるように、外角へ大きく曲がりながらの1球は、なんと105マイル(約169キロ)を計測したのだ。

 さらに3球目は104マイル(約167キロ)、4球目に再び105マイルをマーク。これはMLB公式データ解析システム「スタットキャスト」が2008年に導入されて以来、ヤンキース守護神アロルディス・チャップマンと並ぶ最速記録となった。

「ヒックスがセントルイスに熱を取り戻す」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集