[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロ戦ジャッジを名指しで批判 接戦判定にリング誌編集長「これはあまりに愚かだ」

ボクシングのWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチは7日(日本時間8日)、米ネバダ州ラスベガスで行われ、挑戦者のカネロこと4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(メキシコ)がスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に0-3で判定負け。ジャッジ3人はいずれも「115-113」の接戦としたが、ボクシングの聖書と呼ばれる米誌「ザ・リング」のダグ・フィッシャー編集長は、ジャッジ3人の与えた序盤の4ラウンドの判定を「あまりに愚か」と批判している。

WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ、ドミトリー・ビボルに判定負けしたサウル・アルバレス(右)【写真:ロイター】
WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ、ドミトリー・ビボルに判定負けしたサウル・アルバレス(右)【写真:ロイター】

ジャッジ3人は序盤の4ラウンドでカネロにフルマーク

 ボクシングのWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチは7日(日本時間8日)、米ネバダ州ラスベガスで行われ、挑戦者のカネロこと4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(メキシコ)がスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に0-3で判定負け。ジャッジ3人はいずれも「115-113」の接戦としたが、ボクシングの聖書と呼ばれる米誌「ザ・リング」のダグ・フィッシャー編集長は、ジャッジ3人の与えた序盤の4ラウンドの判定を「あまりに愚か」と批判している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 体格に優れるビボル相手に終始劣勢に立たされたカネロ。11回にはビボルを肩で持ち上げるなど“らしくない”姿を見せ、苛立ちも隠しきれなかった。判定ではジャッジ3人が2ポイント差でビボルに軍配を上げた。

 2013年9月のメイウェザー戦以来の黒星となったが、フィッシャー編集長はリング誌公式サイトに設けられている月曜日恒例のQ&Aコーナーで「1ラウンドから4ラウンドまでカネロ? 彼ら(ジャッジ)はボクサーの心をまたしても弄んだ」という読者からの怒りに反応。序盤の4ラウンドでカネロにフルマークを与えたジャッジ3人を名指しで非難している。

「そうだ。今回はティム・チートハム、デイブ・モレッティ、そして、スティーブ・ウェイズフィールドという札付きの連中が5月7日にまたもやしでかした。彼らはスーパースターに対して、相応しくない幸先の良いスタートをプレゼントした。これはあまりに愚かだ」

 さらに、17年9月にカネロがゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と対戦した時のドロー劇にも改めて注目した。「こんな採点で彼らは、カネロ対GGGの疑惑のドローにも匹敵する論争を引き起こした」と糾弾。米メディアがゴロフキン勝利を支持する中、ドローとなった問題の一戦を再び引き合いに出した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集