[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、1500mで4位 4分7秒53で海外勢に敗戦、入賞した東京五輪以来9か月ぶり国立

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、女子1500メートルの22歳・田中希実(豊田自動織機)は4分7秒53の4位だった。東京五輪8位入賞で日本人初の快挙を果たし、日本記録3分59秒19を持つ種目。無観客開催だった五輪以来9か月ぶりの国立競技場を駆け抜けた。

セイコーゴールデングランプリ、女子1500メートルで4位だった田中希実【写真:奥井隆史】
セイコーゴールデングランプリ、女子1500メートルで4位だった田中希実【写真:奥井隆史】

陸上・セイコーGGP

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、女子1500メートルの22歳・田中希実(豊田自動織機)は4分7秒53の4位だった。東京五輪8位入賞で日本人初の快挙を果たし、日本記録3分59秒19を持つ種目。無観客開催だった五輪以来9か月ぶりの国立競技場を駆け抜けた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 田中は序盤から先頭集団に入る展開。400メートルを1分3秒88で日本記録とほぼ同じペースで通過した。800メートルは2分10秒07。残り1周で海外勢3選手とデッドヒート。同じ東京五輪代表の卜部蘭(積水化学)もくらいついた。田中は残り200メートル付近で先頭へ。ひと際小さい体で足を回したが、ラスト100メートルでかわされ、4着だった。

 田中は国立競技場で行われた東京五輪1500メートルで日本新を連発し、決勝で日本人初の入賞。今季は400メートルから1万メートルまで異例の間隔で多数のレースに出場してきた。1500メートルは4月24日の兵庫リレーカーニバルで4分10秒60。5000メートルを走った同29日の織田記念国際は15分23秒87で日本人トップの3位だった。5月1日の木南記念は右太ももの違和感で800メートルを欠場したが、3日の静岡国際は同種目2分3秒10で優勝していた。

 7月にはオレゴン世界陸上を予定。選考会となる6月の日本選手権を前に海外遠征に向かう。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集