[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング現役世界最強カネロがまさかの敗戦 メイウェザー戦以来9年ぶり2敗目の苦杯

ボクシングのWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチの7日(日本時間8日)、米ネバダ州ラスベガスで行われ、挑戦者のカネロこと4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(メキシコ)がスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に判定負け。2013年9月のフロイド・メイウェザー(米国)戦以来、キャリア61戦目で2度目の黒星(57勝39KO、2分け)。戦前で圧倒的優位とみられていたパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位の現役最強ボクサーがまさかの結末となった。

9年ぶりとなる敗北を喫したサウル・アルバレス【写真:Getty Images】
9年ぶりとなる敗北を喫したサウル・アルバレス【写真:Getty Images】

WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチでスーパー王者ビボルに判定負け

 ボクシングのWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチが7日(日本時間8日)、米ネバダ州ラスベガスで行われ、挑戦者のカネロこと4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(メキシコ)がスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に判定負け。2013年9月のフロイド・メイウェザー(米国)戦以来、キャリア61戦目で2度目の黒星(57勝39KO、2分け)。戦前で圧倒的優位とみられていたパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位の現役最強ボクサーがまさかの結末となった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 スーパーウェルター級、ミドル級、スーパーミドル級を制したカネロは、2019年11月にライトヘビー級王座に挑戦し、WBO王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)に11回KO勝ち。4階級制覇を達成していた。ライトヘビー級の試合は2年6か月ぶりの挑戦。勝てば、WBAスーパー&IBF世界ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との3度目の対戦が見込まれていた。しかし、この日は中盤以降、無敗王者のビボルに主導権を握られ、0-3の判定負けを喫した。

 試合中には「来い、来い」と挑発し、劣勢に追い込まれた11回にはカネロがビボルを肩に持ち上げる驚きのシーンも。12ラウンド終了のゴングが鳴った後には勝利をアピールし、派手にパフォーマンスしていたが、無情な結末が訪れた。

 英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者のツイートによると、カネロは試合後に「こういうことがボクシングでは起きるんだ。勝つか負けるか。彼は偉大なファイターだった」などと語ったという。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集