[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

単勝80倍&最低20番人気が世紀の大激走V 米メディアも衝撃「3冠史上最大の番狂わせ」

米競馬のクラシック3冠初戦、第148回ケンタッキーダービー(ダート2000メートル)が7日(日本時間8日)、ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われ、現地では単勝最低20番人気だったリッチストライク(牡3)が優勝した。大外21番枠から直線で内を突いて抜け出したレオン騎手の“神騎乗”も光ったが、米メディアは「3冠レース史上最大の番狂わせ」と報じている。

ケンタッキーダービーで優勝したリッチストライク【写真:ロイター】
ケンタッキーダービーで優勝したリッチストライク【写真:ロイター】

超伏兵リッチストライク&鞍上レオンを米メディアもこぞって報道

 米競馬のクラシック3冠初戦、第148回ケンタッキーダービー(ダート2000メートル)が7日(日本時間8日)、ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われ、現地では単勝最低20番人気だったリッチストライク(牡3)が優勝した。大外21番枠から直線で内を突いて抜け出したレオン騎手の“神騎乗”も光ったが、米メディアは「3冠レース史上最大の番狂わせ」と報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 148度目の由緒あるケンタッキーダービーで世紀の番狂わせが生まれた。繰り上がりで出走権が回ってきたシンガリ20番人気のリッチストライク。大外21番枠で発走直後にすぐさま内に潜り込むと、1コーナー19番手からじわじわと進出。最後の直線もエピセンターとゼンダンの人気両頭が叩き合うのを尻目に、内からぐんぐん伸ると、ラスト100メートルで捉えて押し切った。場内が騒然とする中、鞍上のレオン騎手は会心のガッツポーズを繰り出した。

 ケンタッキーダービー公式ツイッターは「最高の番狂わせ。ケンタッキーダービーを見よ」と報じ、レース映像を公開。競馬ファンからは「騎手は良い場所を見つけたし、馬を信頼していた」「素晴らしい騎乗だ」「リッチストライクはルートを知っていた」と鞍上の神騎乗を称える声が上がっていたが、米メディアもこぞって報道している。

 権威ある米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」は「リッチストライクは大穴だったが、ケンタッキーダービーを制したのはこの馬」との見出しで報道。レオン騎手のエスコートを称賛した上で「リッチストライクは3冠レース史上最大の番狂わせをやってのけたである」と絶賛。リッチストライクは単勝オッズ80倍、1913年に92倍で勝ったドーンレイルに次ぐ歴史的な大番狂わせと紹介した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集